MENU
チロ猫
こんにちは、チロ猫です。

ネットショップと趣味のブログをいくつか運営しています。
◆ 神テーマ「SWELL」のすべて!◆ 特徴 ~ エディタ ~ 移行手順 ~ デメリット ~ 感想 ~ 比較まで!記事へ GO!

WordPressテーマとは?有料・無料おすすめテーマのご紹介

目次

WordPressテーマとは?

WordPressのテーマとは、簡単に言えばWordpressの着せ替え機能のようなものです。

「着せ替え」というと普通は「外観」が変わるだけですが、「テーマ」の場合は「機能」も変わります。

つまり、「テーマ」を変えると、「見た目」も「中身」も変わってしまうということになります。

良いテーマを選ぶと、次のような効果が得られます。

良いテーマを選ぶと、

  • 見た目が簡単に美しくなる
  • 便利な機能が増える
  • エディタが使いやすくなる
  • サイトスピードが速くなる

WordPressを使いやすくするうえで、テーマ選びは非常に重要です。

「ウィジェット」画面の比較

WordPressの有料テーマと無料テーマの違い

有料テーマと無料テーマの違い

WordPressの「有料」テーマと「無料」テーマの違いは、一般的には次のようなものです。

  • 「有料テーマ」は機能が多く、美しい見た目が簡単に作れる
  • 「無料テーマ」は機能が少なく、見た目も質素である

ただし、必ずしもそうとは限りません。

無料テーマの中でも「これが無料?」というような高機能なテーマもありますし、有料テーマの中でも使いにくいものもあります。

ただし、「有料テーマ」と「無料テーマ」のどちらがいいかと聞かれたら、やはり「有料テーマ」のほうがおすすめです。

理由は、有料テーマのほうが「機能が多く書きやすく」、「初期設定が簡単」で、「デザインも美しい」からです。

ここで費用を惜しんでしまうと、長い目で見た時にスピードに差がついてしまいます。

有料テーマを使うなら、早い方がいい

「儲かるようになったら有料テーマに変えよう」と思うかもしれませんが、「いつか使おう」という前提であれば、できるだけ早い方がいいです。

なぜなら、途中でテーマを変えると、記事の見た目が崩れてしまうので、修正に多くの時間を取られるからです。

例えば、100記事を書いた後にテーマを移行すると、100記事分の装飾の修正時間が発生しますので、数週間は無駄な時間が発生してしまいます。

どうせ同じ金額を払うのであれば、早く買った方があとあとの時間を節約でき、その分記事の執筆に時間を使うことができます。

おすすめの無料テーマ

そうは言っても、儲かるか分からないから、あまりお金をかけたくない

という方もいると思います。

そのような方のために、一番おすすめの「無料テーマ」をご紹介します。

Cocoon」というテーマです

(ConoHa Wingの「かんたんセットアップ」で申し込みをすると、WordPressといっしょにCocoonをインストールできます)。

大変高機能で、一部の有料テーマを凌ぐ実力と言われています。

ただ、外観設定については、自分で細かい設定ができないので、提供されている「スキン」を使うにとどめておくことをお勧めします。

くれぐれも、無料テーマの見た目を思い通りにしようとして、カスタマイズに何週間もかけないようにしてください。CSSが必要な部分もあります。

自分はそれで何週間も浪費しました!みんなは気を付けてね

おすすめの有料テーマ:SWELL

高機能で評判が良いおすすめの有料テーマは「SWELL」です。

このページもSWELLで作られています。

有料テーマをたくさん買いましたが、SWELLがいちばん使いやすかったです!

SWELLの使いやすさのポイントは、記事の執筆で使用する「ブロックエディタ」にたくさんの機能が追加されていて、大変書きやすくなっているところです。

また、「外観設定」が簡単で、テーマを適用した瞬間から綺麗な見た目になるという点があります。

有料テーマを使うことで、多くの時間を節約でき、記事の執筆に専念できます。

最初に有料テーマを購入したいと思う方は、一度SWELLをご覧になってください。

SWELLホームページ:swell-theme.com

当サイトでは、たくさんの有料テーマを比較検討しています。

他の有料テーマについても詳しく知りたい方は、下記の記事をご参照ください。

WordPressテーマ選びのポイント

下記に、テーマの選び方に関するポイントを示します。

テーマ選びのポイント

  • 海外製は避けた方が無難
  • 使用しているユーザーが多い
  • ブロックエディタが使いやすい
  • 初期設定が簡単

海外製のものは避けたほうが無難

海外製のものは見た目が大変美しいものが多いのですが、使用しないほうが無難です。

なぜなら、日本語などの「ダブルバイト文字」の表示を前提としていないため、日本語を入力するとフォントが美しく表示されないことが多いからです。場合によっては文字化けなどを起こすかもしれません。

使用しているユーザー数が多いテーマを選ぶ

操作方法が分からないときに、使用しているユーザー数が多いテーマであれば、ほとんどの問題は検索で回答を見つけることができます

もしユーザー数の少ないテーマを選んでしまうと、問題が起きた時に解決策を見つけるのが難しくなります。

ブロックエディタ完全対応のテーマがおすすめ

WordPressでは、バージョン5.5(2019年)から「ブロックエディタ」という新しいエディタが導入されました。

導入当初は「使いにくい」と不評で、「ブロックエディタ」を使いたがらない人が多くいました。

しかし、今では逆に「使いやすい」と評価が一転し、「一度移行したら絶対戻れない」と言っている人がほとんどです。

なぜなら、以前のクラシックエディタでは、執筆の一部が「コード記述」であったため、実際の画面でどのように表示されるのかをすぐに見ることができなかったからです。

しかし「ブロックエディタ」になってから、「コード記述」から解放され、実際に表示される画面と同じ状態で執筆することができるようになりました。

現在、有料テーマであってもまだ「ブロックエディタ完全対応」になっていないものも多くあります。

ちなみに、上で紹介している「Cocoon」と「SWELL」は両方とも完全対応になっていますのでおすすめです。


次に進んでね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる