MENU
チロ猫
こんにちは、チロ猫です。

ネットショップと趣味のブログをいくつか運営しています。
永久無料ドメイン付き!超高速サーバーConoHa Wing! 詳細

ConoHa Wing サーバー契約手順、かんたんセットアップ使用

ConoHa Wingサーバーへの申し込み手順について解説します。ここでは、「かんたんセットアップ」を使用して、無料ドメインを申し込む方法について解説します。

ConoHaのかんたんセットアップなら、次のことが一気にできちゃうよ!スゴイ!

  1. 独自ドメインの取得
  2. ドメインをサーバーに設定する
  3. WordPressのインストール
  4. サイトのSSL化
  5. WordPressテーマのインストール(ここではCocoon)
目次

ConoHa Wing 契約手順、SSL化、WordPressとテーマのインストールまで

サーバーを契約する前に準備しておきましょう。

取得したい独自ドメインを事前に決めておく

ブログのアドレスとして使用する独自ドメイン(abc.comなど)を決定しておいてね!
ムームードメイン のサイトなどで空きを調べられるよ(契約はしないでOK)。

準備ができたら早速契約してみよう!

ConoHa Wing 契約手順、かんたんセットアップを使用

ドメイン取得からWordPressテーマのインストールまで一気に行える「かんたんセットアップ」を推奨します。

(「後でドメインを取得したい」など、かんたんセットアップを使用しない契約の方法はこちら

STEP
ConoHa Wingサーバーを契約する

まずはConoHa Wingのサイトにアクセスします。

https://www.conoha.jp/wing/

今すぐお申込み をクリックします。

ConoHa Wingのホームページで、お申込みをクリック

STEP

ConoHaサーバーのログインに使用するメールアドレスとパスワードを入力し、 次へ をクリックします。

ConoHa Wingの登録画面
STEP

契約期間を選択します(長いほど割引が多くなります)。

初期ドメインを入力します。これはConoHaからもらえるサブドメインで、ブログのドメイン名ではありません。

サーバー名を入力します(何でもよい)。下へ移動します。

ConoHa Wingの契約画面

STEP

「WordPressかんたんセットアップ」で 利用する を選択します。

利用しない場合は こちら を参照(申し込みと同時に無料ドメインを取得しない場合)。

必要事項をすべて入力します。

作成サイト名は日本語でも構いません。
作成サイト用新規ドメインは、ブログのアドレスとして取得するものです。
WordPressのユーザー名パスワードは大切なので控えておいてください。

WordPressテーマは、とりあえず無料のCocoonを選択しておきます。ほかのテーマは後から購入することもできます(後からでも割引価格で購入できます)。

すべて入力したら 次へ をクリックします。

ConoHa Wingの契約画面で、必要事項をすべて入力

STEP

住所などの個人情報を入力します。下に移動します。

ConoHa Wingのページで、必要事項を入力
STEP

電話番号まで入力したら、 次へ をクリックします。

ConoHa Wingのページで、必要事項を入力して次へ
STEP

電話認証を行います。 SMS認証 をクリックします。

電話番号登録ページ
STEP

送られてきた4桁の暗証番号を入力し、 送信 をクリックします。

認証コードの入力ページ
STEP

クレジットカード情報を入力し、下に移動します。

クレジットカード番号登録ページ
STEP

表示された情報を確認し、 お申込み をクリックします。
これでConoHaサーバーの契約は完了です。

情報を確認して、申込みをクリック
STEP

WordPressをインストールしました!と表示されます。

WordPressデータベースの情報が表示されますので、必ず控えておいてください。
次に 閉じる をクリックします。

データベース情報が表示される
STEP

ConoHa Wingのサーバー管理画面が表示されます。

ConoHa Wingのサーバー管理画面

ConoHa Wingサーバーの管理画面でSSLの確認

STEP
ConoHa Wingサーバーの管理画面でSSLの確認

次に、ConoHaサーバーの管理画面で、SSL設定の状況を確認します。

WING > サイト管理 > サイトセキュリティ > 独自SSL > 無料独自SSL の順にクリックします。

「設定中」と表示されている場合は、10分ほど待ってから再度アクセスします。

ConoHa Wing管理画面で、SSLの確認
STEP

再度SSLが利用できるようになると、 利用中 と表示され、ON に印が付きます。

SSLが利用中になる
STEP

次に、WordPress内の設定を http から https に変えるために、 SSL有効化 をクリックします。

SSL有効化
STEP

成功しましたと表示されます。

これでSSL化の設定はすべて終了しました!

SSL化成功
STEP

WordPressの管理画面に移動して、https がきちんと設定されているか確認してみましょう。
管理画面URLをクリックします。

ConoHa Wingの管理画面で、管理URLをクリック
STEP

先ほどの STEP4 で入力したユーザー名とパスワードを入力し、 ログイン をクリックします。

ログイン画面
STEP

WordPressの管理画面にログインしました。

次に 設定 > 一般 をクリックします。

WordPressの管理画面で、一般をクリック
STEP

アドレスの部分が、http から https に正しく変更されていることを確認しました。

この部分のアドレスは、絶対に書き換えないでください!WordPressにログインできなくなります。

httpsに書き換えられた

WordPressのテーマ、Cocoonを有効化する

STEP
WordPressのテーマ、Cocoonを有効化する

ConoHa Wingのかんたんセットアップには、自動でWordPressのテーマをインストールする機能があります。このサイトにもすでにCocoonというテーマがインストールされています(STEP 4でCocoonを選択)。

ただし、まだ有効化されていませんので、有効化設定を行います。

WordPressの管理画面から、 外観 > テーマ の順に選択します。

WordPressの管理画面で、テーマをクリック
STEP

テーマのページが開きます。

Cocoon(親テーマ)」と、「Cocoon Child(子テーマ)」がインストールされています。

通常、親テーマと子テーマがある場合は、子テーマを有効にします。
親テーマは頻繁にアップデートされるので、親テーマを有効化してカスタマイズしていると、アップデートされた際にカスタマイズがすべて消えてしまいます。それを防ぐために、子テーマのほうを有効にしておきます。

WordPressの管理画面で、Cocoonのテーマを選択
STEP

Cocoon Child(子テーマ)」にカーソルを合わせると、 有効化 と表示されますのでクリックします。

Cocoonテーマの有効化
STEP

Cocoonの子テーマが有効化され、一番左に表示されました。

Cocoonが有効化された
STEP

実際にCocoonを適用したサイトがどんなデザインなのか見てみましょう。「サイト名」をクリックすると、実際のサイトが表示されます。

サイト表示を切り替え
STEP

まだ何も設定されていないシンプルなサイトが表示されました。これからこのサイトをカスタマイズしていきます。

もう一度サイト名をクリックすると、管理画面に戻ります。

管理画面に戻る

これでサーバーの契約からWordPressのテーマ設定まで、一気に終了できました!

長かったかな?お疲れ様でした!


次は、WordPressのテーマについてだよ。

次の記事では、WordPressのテーマについて説明します。テーマには「有料」と「無料」があるのをご存じですか?有料テーマと無料テーマの違いについて分かりやすくご説明しますね。

次は「ブログの作り方 6

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる