MENU
チロ猫
こんにちは、チロ猫です。

ネットショップと趣味のブログをいくつか運営しています。
◆ 神テーマ「SWELL」のすべて!◆ 特徴 ~ エディタ ~ 移行手順 ~ デメリット ~ 感想 ~ 比較まで!記事へ GO!

【ConoHa】無料ドメインを後から取得する方法、2個目のサイトの作り方

ConoHa Wingで、「無料ドメイン」を後から取得してサイトを作成する方法について説明します。

  • WordPressかんたんインストールで「利用しない」を選択し、「無料ドメイン」が残っている方
  • ConoHaは無料ドメインが2個ついているので、2つ目のサイトを作りたい方

下記の手順を参考にしてみてください。

目次

ConoHa Wingで「無料ドメイン」をあとから取得する方法

ConoHa Wingの永久無料ドメインを後から取得する方法について解説します。

STEP

コントロールパネルにログインします。

サーバー管理 > 契約情報 > サーバー情報 の順に選択します。

STEP

サーバー情報の画面が表示されたら、無料独自ドメイン または 無料独自ドメインLITE未設定 をクリックします。

(LITEでは、「.com」や「.net」などのメジャーなドメインは取得できません)。

STEP

ドメイン新規取得 を選択して 追加する をクリックします。

STEP

希望するドメイン名を入力します。

STEP

希望するドメイン名をカートに追加します。

STEP

(2つ目以降では、このページは表示されません)。

1つ目のサイトの場合、情報を入力または確認して 次へ をクリックします。

STEP

決定 をクリックして、ドメインの取得は完了です。

引き続き WordPress のインストールを行います。

WordPressのインストール(ConoHa Wing)

ドメインを取得したら、次はWordPressをインストールしましょう。次の手順で行います。

STEP

ConoHa Wingのコントロールパネルで、表示されているサイトが正しいかどうか確認します。

次に、サイト管理 > サイト設定 > WordPress の順にクリックします。

STEP

表示されているサイト名が正しいかどうかを確認してください。正しくない場合は「切り替え」で選び直します。

次に、「WordPress」と「新規インストール」が選択されていることを確認します。

STEP

その他の必要事項を入力し、「保存」をクリックします。

STEP

左下に「成功しました」と表示されます。

以上でWordPressのインストールは終了です。

次に、サイトのSSL設定に進みましょう。

ConoHa Wing でサイトをSSL化する手順

WordPressをインストールしたら、次はセキュリティを強化するために、サイトのSSL化を行います。

SSL化は次の手順で行います。

  1. SSL証明書をインストールする
  2. “http” を “https” に変更

ConoHaでは、リダイレクトは自動で行われますので、設定は必要ありません。

1.SSL証明書のインストール

SSL証明書のインストールは、次の手順で行います。

STEP

WING > サイト管理 の順にクリックし、正しいドメイン名が表示されていることを確認します。

(違う場合は 切り替え ボタンで切り替えます)。

STEP

次に、ConoHaサーバーの管理画面で、SSL設定の状況を確認します。

サイトセキュリティ > 独自SSL > 無料独自SSL の順にクリックします。

利用設定で ON を押すと、「設定中」と表示されます。

10分ほど待ちます。

STEP

SSL化が終了する ON に青い印が付き、「利用中」と表示されます。

SSLが利用中になる

2.“http” を “https” に変更する

SSLが「利用中」になったことを確認したら、WordPressの設定を http から https に変更するための処理を行います。

STEP
“http” を “https” に変更する

WING > サイト管理 の順にクリックし、正しいドメイン名が表示されていることを確認します。

(違う場合は 切り替え ボタンで切り替えます)。

STEP

サイト設定 > WordPress を選択し、サイト名の横の矢印をクリックして開きます。

SSL有効化 をクリックします。

STEP

成功しましたと表示されます。

これでSSL化の設定はすべて終了しました!

(ConoHaサーバーではリダイレクトは自動的に行われますので、作業の必要はありません。)

SSL化成功
STEP

WordPressの管理画面に移動して、https がきちんと設定されているか確認してみましょう。
管理画面URLをクリックします。

ConoHa Wingの管理画面で、管理URLをクリック
STEP

ユーザー名とパスワードを入力し、 ログイン をクリックします。

STEP

WordPressの管理画面にログインしました。

次に 設定 > 一般 をクリックします。

WordPressの管理画面で、一般をクリック
STEP

アドレスの部分が、http から https に正しく変更されていることを確認してください。

この部分のアドレスは、絶対に書き換えないでください!WordPressにログインできなくなります。

httpsに書き換えられた

これでSSL設定は完了です!次は、テーマの選択に進みましょう。

WordPressのテーマ「Cocoon」の有効化

ConoHa Wingのかんたんセットアップには、自動で「WordPressのテーマ」をインストールする機能があります。

このサイトにも「Cocoon」という無料テーマをインストールしました。

ただし、まだ有効化されていませんので、有効化を行います。

STEP
WordPressテーマ Cocoon を有効にする


WordPressの管理画面から、 外観 > テーマ の順に選択します。

WordPressの管理画面で、テーマをクリック
STEP

テーマのページが開きます。

WordPressの管理画面で、Cocoonのテーマを選択

Cocoon(親テーマ)」と、「Cocoon Child(子テーマ)」がインストールされています。

通常、親テーマと子テーマがある場合は、子テーマを有効化します。
親テーマを有効化していると、アップデートの際にカスタマイズがすべて消えてしまいます

STEP

Cocoon Child(子テーマ)」にカーソルを合わせると、有効化 と表示されますのでクリックします。

Cocoonテーマの有効化
STEP

Cocoonの子テーマが有効化され、一番左に表示されました。

Cocoonが有効化された

これでテーマの設定は終了です。

次は、WordPressの設定に進もう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる