MENU
チロ猫
こんにちは、チロ猫です。

ネットショップと趣味のブログをいくつか運営しています。
永久無料ドメイン付き!超高速サーバーConoHa Wing! 詳細

ConoHa Wing サーバー契約~ドメイン取得~WordPressインストール~SSL化

今回は、「かんたんインストール」を使用しないConoHa Wingのサーバー契約~SSL化までを解説します。

サーバーの申し込みと同時に「無料ドメイン」を申し込まない場合は、この申し込み方法で行います。

まだドメイン名が決まっていない場合は、この方法で申し込んでね。

次の手順で行います(目次参照)。

目次

① ConoHa Wing でサーバーを契約

まずは、ConoHaサーバーに契約します。次の手順で行います。

STEP
ConoHa Wingの申し込み手順

まずは、下記からConoHa Wingにログインします。

https://www.conoha.jp/wing/
STEP

今すぐお申込み をクリックします。

STEP

メールアドレスパスワードを入力し、次へ をクリックします。

STEP

契約期間とプランを選択します。契約期間が長いほど割引率は大きくなります。

(キャンペーン中の場合、右側にキャンペーン割引適用後の価格が表示されます)。

次に初期ドメイン名を入力します。このドメイン名はブログのドメイン名ではありません。契約時にもらえる .conohawing.com のサブドメインになります。

下に移動します。

STEP

WordPressかんたんセットアップでは 利用しない を設定します。

次へ をクリックします。

STEP

必要事項を入力したら、次へ をクリックします。

STEP

認証のための電話番号を入力し、SMS認証 をクリックします。

STEP

送られてくる4桁の認証コードを入力し、送信 をクリックします。

STEP

認証に成功したら、次は支払い方法を入力します。
ここではクレジットカードの番号を入力します(すぐに使えるようになるのでおすすめです)。

STEP

契約内容を確認し、お申し込み をクリックします。

これでサーバー契約は完了しました。

STEP

ドメインの取得を促すポップアップが表示されたら、今は追加しない でOKです。

サーバー契約が完了したら、次はドメインの取得に進みましょう。

② あとで無料ドメインを申し込む方法、ConoHa Wing

ConoHa Wingの場合、「Wingパック」を3か月以上の期間契約すると、「永久無料ドメイン」がついています。この永久無料ドメインを後から取得する方法について解説します。

STEP

ConoHa Wing のコントロールパネルにログインします。

コントロールパネルのログインはこちら

メールアドレスとパスワードを入力してログインします。

STEP

コントロールパネルが表示されます。

「サーバー管理」ー「契約情報」ー「サーバー情報」の順に選択します。

サーバー情報の画面が表示されたら、「無料独自ドメイン」の「未設定」をクリックします。

STEP

「ドメイン新規取得」を選択します。

STEP

希望するドメイン名を入力します。

STEP

希望するドメイン名をカートに追加します。

STEP

表示される情報を確認し、「次へ」をクリックします。

STEP

「決定」をクリックして完了です。

③ WordPressのインストール(ConoHa Wing編)

ドメインを取得したら、次はWordPressをインストールしましょう。次の手順で行います。

STEP

ConoHa Wing のコントロールパネルにアクセスします。

コントロールパネルへのアクセスはこちら

メールアドレスとパスワードを入力し、「ログイン」を押します。

STEP

ConoHa Wingのコントロールパネルで「WING」を選択します。

次に、「サイト管理」ー「サイト設定」ー「アプリケーションインストール」の順に選択します。アプリケーションインストール画面が表示されます。

STEP

表示されているサイト名が正しいかどうかを確認してください。正しくない場合は「切り替え」で選び直します。

次に、「WordPress」と「新規インストール」が選択されていることを確認します。

STEP

必要な情報を入力します。
ここで入力する情報は、WordPressの管理画面にログインする際に必要な情報ですので、必ず覚えておいてください。

STEP

その他の必要事項を入力し、「保存」をクリックします。

STEP

(アプリケーションインストールに)「成功しました」と表示されます。

以上でWordPressのインストールは終了です。

次に、サイトのSSL設定に進みましょう。

④ ConoHa WingでのサイトのSSL設定の手順

WordPressをインストールしたら、次はセキュリティを強化するためにサイトをSSL化しましょう。GoogleのSEO対策として必須になります。

ConoHa WingのSSL化は次の手順で行います。

  • 手順1 サイトにSSL証明書をインストールする
  • 手順2 WordPress で “http” を “https” に変更する

ConoHaでは、リダイレクトは自動で行われますので、設定は必要ありません。

手順1.サイトにSSL証明書をインストールする

STEP

ConoHa Wing のコントロールパネルにアクセスします。

コントロールパネルへのアクセスはこちら

メールアドレスとパスワードを入力し、「ログイン」を押します。

STEP

ConoHaのコントロールパネルが表示されたら、「WING」を選択します。

次に、「サイト管理」ー「サイトセキュリティ」ー「独自SSL」の順に選択します。

STEP

表示されているサイト名が正しいかどうかを確認します。
正しくない場合は、「切り替え」で選び直します。

「>」の印をクリックして、ステータスを表示します。

STEP

利用設定の「ON」をクリックします。

STEP

「受け付けました」のプロンプトが表示され、ステータスが「設定中」と表示されます。

STEP

しばらくすると、ステータスが「利用中」に変わり、ONに印が付きます。
(10分ほどかかることもあります)表示されない場合は、再読み込みしてください。

手順2.WordPress で “http” を “https” に変更する

SSLのインストールが済んだら、次はWordPressのドメインアドレスを http から https に変える作業を行います。ConoHa Wingの場合は、ボタン一つで行うことができます。

STEP

ConoHa Wingの管理画面を表示します。

WING > サイト管理 > データベース > アプリケーションインストール > サイト名 の順にクリックします。

STEP

成功しました、と表示されます。これでSSLの設定はすべて終了です。
(ConoHaサーバーでは、リダイレクト処理は自動で行われます)。

STEP

WordPressの管理画面に移動して、https がきちんと設定されているか確認してみましょう。
管理画面URLをクリックします。

STEP

ユーザー名とパスワードを入力し、 ログイン をクリックします。

STEP

WordPressの管理画面にログインしました。

次に 設定 > 一般 をクリックします。

STEP

アドレスの部分が、http から https に正しく変更されていることを確認しました。 この部分のアドレスは、絶対に書き換えないでください!WordPressにログインできなくなります。

これでサーバーの必須設定がすべて終了しました!

次は、WordPressの設定に進もう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる