MENU
チロ猫
こんにちは、チロ猫です。

ネットショップと趣味のブログをいくつか運営しています。
永久無料ドメイン付き!超高速サーバーConoHa Wing! 詳細

SWELLと比較するとAFFINGE6は時代遅れ?どっちを買うべき?

これから発売されるAFFINGER6が時代遅れってどういうこと?

それは、過去のしがらみがあるからだよ

目次

AFFINGER6はどんなテーマ?

なぜAFFINGER6は時代遅れと感じるのか

現在(2021年6月)対外的にはAFFINGER5が発売されていますが、購入者向けにAffinger6のβ版が先行配布されています

今はバージョン6ですから、初回のリリースはきっと何年も前のこと。その後 JIN、SANGO、SWELL、Cocoonなど、評判の良いテーマが続々リリースされました。

現在、これらの新しいテーマを使いこなす人にとって、もはや多機能は当たり前

だから、ちょっとした機能が「有料オプションというのは、

「え?そんなこともできないの?」

「いまだに有料?」

という感が否めません。以下がAFFINGERで有料オプションを買わないとできないこと:

  • ブログカードに外部リンクが貼れない
  • 吹き出しのキャラが8個しか作れない
  • 目次が作れない
  • 記事をカード型で表示できない

これは一部にすぎません。恐らく発売された当初は他にはない画期的なテーマで、「有料オプション」も普通だったと思いますが、今はこの程度の機能は無料テーマでもついています

今までの流れから、急に無料にするのは古い顧客に不公平?なのかもしれませんが、その点は「レガシーを引き継いでいるがゆえに不自由」と見ざるを得ません。

ですから、AFFINGERの本体のみ(14800円)では、AFFINGERの上級機能は使えないということを理解しておいてください。

AFFINGER6を選ぶなら+αの出費を覚悟

もしAFFINGERに興味があって本気で使いたいならば、本体プラスアルファの出費を覚悟しておいた方がいいです。

AFFINGERで「すごいな」と思う機能は、やはりEX版に入っていますし、AFFINGERで作られたカッコいいサイトを見ても「専用子テーマ」が使われていたりします。

最初は本体のみを購入したとしても、最終的にはアップグレードを頭の片隅に入れておくべき。トータルでも3-4万は考えた方がいいです。

「WING(AFFINGER5)」

AFFINGER5本体のみはこちら。EX版にアップグレードするには別途購入が必要です。

\ 基本機能のみはこちら /

「AFFINGER パック3

AFFINGERの最上位版であるAFFINGER EX版と、「AFFINGERタグ管理マネージャー3」「ABテストプラグイン」がついたお得なパックです。役立つ戦略マニュアル「AffiliateRun」付き。

\ AFFINGER 最上位版 EX +α/

お金をかければSWELLより上、プロっぽいサイトも作れる

AFFINGERはとにかく高機能で、上級のアフィリエイターが使いこなすようなテーマです。

本体のみで見るとSWELLには劣りますが、EX版やオプションを装備することで、SWELLができないこともたくさんできるようになります。機能だけでなく、デザイン性でもAFFINGERの方が上です。こんな感じ⇓

AFFINGER本体のみ < SWELL < AFFINGERてんこ盛

敷居は高いですが、SEOにも強いと言われており、「本気でアフィリエイトに取り組みたい」という人に向いています。逆にそうでない人は挫折する可能性が高いので、買わないほうがいいです。

AFFINGER6は初心者向けじゃない!

AFFINGERを使いこなすには、かなりの知識と経験が必要です。多機能すぎて、たいがいの人には使いこなせません。ですから、

「初心者」の方には全くオススメいたしません!

初心者でAFFINGERを使おうという人は、よほどの覚悟が必要です。最初のカスタマイズに手こずって、数週間、いやそれ以上を浪費する羽目になることを覚悟しておいたほうがいいです!

AFFINGERに向いている人は、「中上級者」でブログ運営経験がすでにある人。

アフィリエイトでさらなるレベルアップを求めていて、多少の投資も厭わない、SEOで定評のあるAFFINGERを使ってみたいという人です。

ブロックエディタはだいぶ進化したが、すべてができるわけではない

AFFINGER5から6への一番の大きな変化は、ブロックエディタへの対応です。AFFINGER5まではクラシックエディタ対応でしたが、6ではかなり力を入れて独自ブロックの開発を進めているように見受けられます。

正直、かなり使えるようになっているのでびっくりしました。使い心地はCocoonに近い感じです。

ただ、すべてがブロックエディタでできるわけではありません。

例えば、「PCやスマホの表示分け」や「ステップ」などは、クラシックエディタにしかありませんので、使いたい場合は「クラシックエディタ」ブロックを立ち上げて使うしかありません。

まだ正式リリース前で、現在も進化中なので、この辺もいずれ対応してくるでしょう。

本気で挑む人にしかすすめられないAFFINGER6

カスタマイズすれば値段は高いし、設定は大変だし、書き心地はSWELLに負ける。使い方が難しくて挫折する人も多い。だけど、SEOに強く、多機能で稼ぐ仕掛けが超満載。

AFFINGERに足を踏み入れたい人は、お金と時間をかなり使うことを覚悟の上で踏み出しましょう。

「簡単にカスタマイズしたい、お金をあまり使いたくない」という人は絶対SWELLを買った方がいいです。

AFFINGERの多機能を攻略して、絶対結果を出す!」という人のみ、AFFINGERを購入できます。

「WING(AFFINGER5)」

AFFINGER5本体のみはこちら。EX版にアップグレードするには別途購入が必要です。

\ 基本機能のみはこちら /

「AFFINGER パック3

AFFINGERの最上位版であるAFFINGER EX版と、「AFFINGERタグ管理マネージャー3」「ABテストプラグイン」がついたお得なパックです。役立つ戦略マニュアル「AffiliateRun」付き。

\ AFFINGER 最上位版 EX +α/

SWELLはどんなテーマ?

個人使いで必要なすべてがついている

簡単に設定を済ませて早く記事を書き始めたい!という人には、絶対こっちがオススメです。

最新の人気テーマだけあって、あらゆる機能を「標準装備」しています。初心者にはとても使いこなすのができないほど豊富な機能を取り揃えています。

設定項目もシンプルでありながら必要な機能はすべて備えられているので、不足を感じることがありません。早ければ1日で初期設定を終えて、すぐに記事の執筆に取り掛かれます。初心者にとって、これほどありがたいことはありません。

デザインはシンプルでAFFINGER6には劣る

デザインはかなりシンプルですっきりした印象。可愛いサイトというよりも、シンプルでクールな雰囲気を出すのが得意です。

AFFINGERに比べて設定項目が少ない分、色々な外観設定はできませんが、その分容易なので素早くサイトを立ち上げることができます。

ブロックエディタですべて対応可能、書きやすさはピカイチ!

WordPressでブロックエディタが導入されてから開発されたツールなので、他のテーマのように「ブロックエディタではこれができない」というものがありません。ブロックエディタですべてを完結させることができます。

現在販売されているテーマの中で、ブロックエディタの完成度は、他に比べられるものがありません。

初心者には絶対こっちにしなさい!

AFFINGERと迷っているなら、「初心者」は絶対こっちを選んだ方がいいです。

やはりテーマは使いこなせてこそ役立ちます。その点では、誰でも使いこなせる優しいテーマなので、「スタートダッシュ」が上がります!

「SWELL」

シンプルなのに高機能。初心者でも設定が簡単で、すぐに美しいサイトを立ち上げることができる。ブロックエディタの使い心地は、他の追随を許さない。

\SWELLの詳細はこちら /

SWELLとAFFINGER6の比較表|細かく比べてみた

続いて、SWELLとAFFINGER6の細かい機能を比較してみましょう。各機能の違いが詳しくわかります。

項目SWELLAFFINGER6
①金額17600円(税込)14800円(税込)~
ブロックエディタ完全対応ほとんど対応
外観の美しさ
設定の豊富さ
設定のしやすさ
目次有料プラグイン
無制限吹き出し有料プラグイン
外部ブログカード有料プラグイン
⑨ABテスト有料プラグイン
⑩ボタン計測有料プラグイン
⑪目次計測×有料プラグイン
⑫フォトギャラリー×有料プラグイン
⑬絞り込み×有料プラグイン
⑭詳細分析×有料プラグイン
⑮ウィジェット種類
項目SWELLAFFINGER6

①金額


基本機能のみの価格は、SWELLは17600円AFFINGER6の14800円となっています。

SWELLこれだけで完結しますが、AFFINGERはプラグインの追加などが必要です。将来的に使いこなしたいなら、3-4万ぐらいはみておいたほうがいいでしょう。

②ブロックエディタ


今回のAFFINGER6のアップグレードの目玉は、ブロックエディタへの対応です。ブロックエディタが強化されたということで、完全ブロックエディタのSWELLやCocoonなどと比べてどうなのか、調べてみました。

結果は案の定、ブロックエディタはまだまだSWELLの圧勝ですが、驚いたことに、今回のアップデートでAFFINGER6がCocoonにかなり近づいた!という印象です。記事を書くのに、ほとんどの場合はブロックエディタで完結できるのではないか?と感じました。

ただ、凝った装飾はやはりクラシックブロックが必要ですが。

一方、SWELLはすべてをブロックエディタで完結できますし、独自ブロックの種類も豊富。AFFINGERもがんばっているとはいえ、使えるブロックの種類の多さ、使い易さではSWELLの圧勝です。

両テーマとも、独自ブロックだけでなく、一般ブロックにも便利な装飾を追加していて、とても書きやすくなっています。

③外観の美しさ


見た目の美しさは、AFFINGER6の方がプロっぽくて洗練されています。今回AFFINGER5から6になったことで、見出しや行間などもより綺麗に見えるように改善されました。

SWELLはややシンプルな印象で、キレイですがプロっぽいというところまでは行っていませんね。

見出しやサイドバーなども、SWELLは直線的ですが、AFFINGER6では丸味を出すか、直線的にするかを選べます。行間の取り方やフォントなどもAFFINGERの方が美しいように思います。

SWELLは可愛らしい雰囲気を作るのが苦手です。ビジネス的なサイトや「クールビューティ」的なサイトには向いています。可愛いサイトを作りたいなら、AFFINGER6の方がおすすめです。AFFINGER6ならクールもカワイイもどちらも対応できます。

④設定の豊富さ


AFFINGERは、設定項目が多くて複雑な分、カスタマイズできる部分が多いとも言えます。それは見出しなどの部分にも言えます。AFFINGERは絵を入れたり背景を付けたり、色々な装飾が可能です。

一方SWELLの見出しはかなりシンプルで、H3、H4などは文字は黒のみで、装飾は線のみなど、やや寂しい気もします。

装飾性についてはAFFINGERの圧勝です。

⑤設定のしやすさ


設定のしやすさは圧倒的にSWELLのほうが上です。SWELLの設定項目は必要かつコンパクトにまとまっているので、設定で迷うことが少ないです。

一方AFFINGER6は、設定が2つに分かれてしまっているので(AFFINGER管理 と カスタマイズ)、どちらに何があるのか分かりずらいです。WordPressに慣れていなくて、どういったことを設定すべきなのかわからない初心者ユーザーには、AFFINGER6はかなり敷居が高いかもしれません。

設定簡単に設定を済ませたい人には、やはりSWELLがおすすめです。

⑥目次、⑦会話ふきだし(無制限)、⑧外部ブログカード、⑨ABテスト、⑩リンク計測


これらは、SWELLには付いていて、AFFINGERでは有料オプションとなっている機能です。SWELLでは、基本機能だけでなくかなりすごい機能まで標準装備になっています。AFFINGERでは目次などは無料のプラグインで対応できます。

⑪目次計測、⑫フォトギャラリー、⑬絞り込み、⑭詳細分析


これらはAFFINGERに追加できるスゴイ機能です。

目次のどの分がクリックされているかを分析して、記事の改良に役立てたり、ショップのようなフォトギャラリーを展示したりできます。読者が記事を絞り込んで検索したり、読者の導線を分析したりできます。

これはさすが高機能のAFFINGERと言われるスペックですね。さすがのSWELLもかないません。

⑮ウィジェット種類


ウィジェットの種類の多さを見れば、AFFINGERの設定が豊富ということが一目でわかるでしょう。設定箇所が多い分、ウィジェットを好きな場所に貼ることができます。SWELLでも特に不足はないのですが、広告などを貼る位置がAFFINGERほど細かく選べないということになります。AFFINGER6は見た目の自由度の高いことが分かります。

SWELLとAFFINGER6をざっくりまとめ

SWELLをざっくりまとめ

ブロックエディタがリリース後に開発されたSWELLは、完全ブロックエディタ対応が最大の押しです。SWELLの独自ブロックは、他にはない便利なものも多く、細かい設定ができるように配慮されているので、執筆で不足を感じることはありません。

設定が大変シンプルで分かりやすく、初心者でも簡単にサイトを立ち上げることができます。あらゆる機能が標準装備されているので、できないことはほとんどありません。

PCの扱いがやや苦手な方、コード記述に抵抗のある方には、完全ブロック記述が可能なSWELLをイチオシします!

「SWELL」

シンプルなのに高機能。初心者でも設定が簡単で、すぐに美しいサイトを立ち上げることができる。ブロックエディタの使い心地は、他の追随を許さない。

\SWELLの詳細はこちら /

AFFINGER6をざっくりまとめ

『「稼ぐ」に特化したWordPressテーマ』の名の通り、多くのトップアフィリエイターに選ばれて収益を上げてきた実績のあるテーマです。

見た目のデザインも洗練さていて、クールなビジネスサイトから、可愛らしい女性向けのサイトまで、あらゆるジャンルのデザインに対応できます。AFFINGER5から6に変わってデザインにさらに磨きがかかりました。

別売りのプラグインや上位版のEXを使うことで、プロ並みの機能を実現。機能の豊富さは、他のテーマとは完全に一線を画しています。

AFFINGERという強力な武器を使いこなせれば、「SEO」や「売る仕掛け」で一歩リードできるでしょう。

しかしながら、高機能も使いこなせなければ役に立ちません。

AFFINGERは「本気でサイト運営に取り組みたい人」だけが買うことのできるテーマです。

「WING(AFFINGER5)」

AFFINGER5本体のみはこちら。EX版にアップグレードするには別途購入が必要です。

\ 基本機能のみはこちら /

「AFFINGER パック3

AFFINGERの最上位版であるAFFINGER EX版と、「AFFINGERタグ管理マネージャー3」「ABテストプラグイン」がついたお得なパックです。役立つ戦略マニュアル「AffiliateRun」付き。

\ AFFINGER EX版 プラスアルファ/

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる