MENU
チロ猫
こんにちは、チロ猫です。

ネットショップと趣味のブログをいくつか運営しています。
◆ 神テーマ「SWELL」のすべて!◆ 特徴 ~ エディタ ~ 移行手順 ~ デメリット ~ 感想 ~ 比較まで!記事へ GO!

SWELL乗り換えプラグイン削除とメタディスクリプション再設定

「乗り換えプラグイン」を利用してSWELLに移行したあとは、プラグインを削除することが推奨されています。導入したままだと読み込むファイルが増えて、スピードが遅くなるためです。

ただし、プラグインを削除すると メタディスクリプションも消えてしまいます!

この記事では、プラグインの削除前に「メタディスクリプションを再設定する方法」について解説します。

目次

乗り換えプラグインを削除する前に

「乗り換えプラグイン」を削除するとどうなる?

SWELLの「乗り換えプラグイン」を使用してSWELLに移行した後は、プラグインを削除して、さらなるスピードアップを図ることが推奨されています。

ただし、プラグインを削除すると、以下の点が失われます。

  • 前のテーマから読み込んでいる装飾がなくなる
  • 前のテーマから読み込んでいる「メタディスクリプション」がなくなる

これを避けるためには、以下を行う必要があります。

  • 手作業で「以前の装飾」を「SWELL装飾」に変更する(記事が多いと数週間かかることも!
  • メタディスクリプションを設定しなおす(記事の数だけコピペ、数時間で終わる

上記の点を考慮しながら、「乗り換えプラグイン」の削除について検討してみましょう。

「乗り換えプラグイン」を削除する?しない?

乗り換えプラグインを削除するかどうかは、以下の基準で判断してみてください

記事が少ない場合

  • 記事が少ない場合は、すべての装飾を修正して「乗り換えプラグイン」を削除することを推奨します。

記事が多い場合

  • 記事数がかなり多い場合は(200記事など)、すべての装飾を変更するのは膨大な時間がかかります。このような場合は、多少スピードは落ちても、「乗り換えプラグイン」を使い続けるという選択肢もあります。

移行前に PageSpeed Insights でサイトスピードを計測しておき、乗り換え後に再度計測してみましょう。移行後のスピードが「許容範囲内」であれば、そのまま「乗り換えプラグイン」を使い続けても良いかもしれません。

ただし、ここで「スピードが遅すぎる」と感じたり、「少しでも速くしたい」という方は、長期間かけて少しずつ記事を修正し、「乗り換えプラグイン」を削除することも考えてください。

メタディスクリプションの再設定

以前のテーマの「メタディスクリプション」をSWELLに設定しなおすには、以下の3つの方法があります。

  1. 手作業で一から入力する
  2. 前のテーマから「コピペ」するこの記事で解説
  3. SWELLページで解説している方法で引き継ぐ(functions.php を使用▼下記参照▼
メタディスクリプションを引き継ぐ方法

SWELLホームページでは、 functions.php を使って メタディスクリプションを引き継ぐ方法を解説しています。

テーマ乗り換え時にメタディスクリプションなどの設定をSEO SIMPLE PACKに引き継ぐ方法

「All in One SEO Pack」の各記事の設定を引き継いで「SEO SIMPLE PACK」へ乗り換える方法

こちらの解説で理解できる方は、この方法を使っても構いません(JINとSANGOは対応できるかも)。

それ以外のテーマでは、コードの一部書き換えが必要なので、分かる方のみ行ってください。

この方法で引き継いだメタディスクリプションは、「SEO SIMPLE PACK」には表示されません。HTMLコード内に直接埋め込まれます。

functions.php の方法を使わない場合は、以下の方法をで、以前のテーマの「メタディスクリプション」をコピペします。

メタディスクリプションを再設定する方法

以前のテーマのメタディスクリプションを、新しいテーマに「コピペ」で再設定する方法を解説します。

コピペで再設定をするには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 「SEO SIMPLE PACK」を有効化している
  • 「乗り換えプラグイン」を有効化している削除した場合は、再度有効化してください

以前のメタディスクリプションはどうやって表示する?

以前のテーマから「メタディスクリプション」をコピーする場合、問題なのは、すでにテーマを変更してしまったために、以前の「メタディスクリプション」の入力欄を表示できないということです。

つまり、コピー元が表示されません

実は、以前のテーマの「メタディスクリプション」は、「乗り換えプラグイン」によって直接 HTML に埋め込まれたため、エディタ画面には表示されません。

以前のテーマの「メタディスクリプション」を表示するには、「HTMLソースを直接表示する」必要があります。

次は、HTMLソースを参照してコピペを行う方法を紹介します。

以前のテーマの「メタディスクリプション」をコピーする

HTMLソースから、以前の「メタディスクリプション」をコピペする方法は、以下の通りです。

STEP

メタディスクリプションを編集したい記事を、ブロックエディタで開きます。

プレビュー > 新しいタブでプレビュー で開きます。

STEP

プレビュー画面が表示されます。

記事上で右クリックし、ページのソースを表示 をクリックします。

STEP

ソースコードが表示されます。

<!-- SEO SIMPLE PACK 2.2.5 -->

の下に、

<meta name="description" content="

があるので、その後ろの日本語の部分をコピーします。

STEP

分かりにくい場合は、Ctrl + F キーで検索ウィンドウを表示して、

description

と入力して Enter を押します。

すると description の部分がハイライトされるので見つけやすくなります(次回から Ctrl + F を押すだけで自動的にハイライトされるので便利です)。

STEP

Ctrl + C、または右クリックで該当部分をコピーします。

STEP

ブロックエディタの編集画面に戻り、下部にある [SEO SIMPLE PACK設定] の [このページのディスクリプション] 内に、コピーした内容をペーストします。

これで内容を保存して終了です。

STEP

この操作を、すべてのファイルに対して行ってください。

装飾を変更し、メタディスクリプションの移行を行ったら、「乗り換えプラグイン」を削除できます。

「乗り換えプラグイン」を削除した後は、必ずすべての記事を再度確認することをお勧めします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる