MENU
チロ猫
こんにちは、チロ猫です。

ネットショップと趣味のブログをいくつか運営しています。
永久無料ドメイン付き!超高速サーバーConoHa Wing! 詳細

【デメリット集】WordPressテーマ6選 (SWELL, SANGO, JIN他)

当サイトで「おすすめのテーマ」としてご紹介している優秀な6テーマ(SWELL、AFFINGER6、Cocoon、JIN、SANGO、SONIC)について、あえてデメリットも解説します。

「WordPressテーマの購入に興味がある」方が一番心配なのは、

テーマのデメリットって何?
せっかく買っても、やりたいことができなかったらどうしよう?

ということですよね。

「自分が目的とした使い方」ができなければ、せっかくテーマを買っても意味がありません。

高い買い物なのですから、慎重に選びたいものです。

そこで、この記事では「おすすめ6テーマのデメリット」についてしっかり解説していきます。

デメリットをすべて知ったうえで、自分にぴったりのテーマを見極めましょう。

目次

SWELLのデメリット

SWELLロゴ
SWELLのホームページ: swell-theme.com

装飾が地味

SWELLカテゴリーサンプル

SWELLのデメリットは、「装飾が地味である」ということです。

これは、ある意味デメリットというよりも、開発者によって意図的にこのように設計されています。

読み手の意識を邪魔しないように、装飾はなるべくシンプルに」ということです。

ある意味メリットにもなり得るのですが、装飾性が少ないという意味で、あえてデメリットとして挙げさせていただきます。

かわいい雰囲気が作れない

SWELLの「メリット」でもあり「デメリット」でもあるのが、めっちゃ「クール」なところです。

ボックスなどのデザインがすべて「角ばっている」ため、どうしてもかわいい雰囲気がつくれません。

当サイトはSWELLを使っていますが、本当はもう少しカワイイ雰囲気のサイトを作りたかったのですが(猫がキャラなので)、SWELLを使うとどうしてもクールでシャープ系のイメージになってしまいます

本当はもう少しかわいくしたかったの

ですから、クールな雰囲気が自分のサイトに合わないという方は、かわいいJINや、クールとかわいい両方つかえるAFFINGER6を選んだ方がいいかもしれません。

スペースが広すぎる

SWELLデモサンプル

SWELLを設定していて感じるのが、「もうすこしスペースを詰めたいんだけど」という部分で、スペースが空きすぎてしまうことです。

これもデザイン的にすっきりさせるために意図的にスペーシーに作られているのかもしれませんが、「ファーストビューでなるべく多くの要素を見せたい」と思うときに、間延びして感じることがあります(当サイトでは、CSSでスペースを詰めた部分もあります)。

CSSでの変更が制限されている

開発者さんの意図なのですが、「中途半端な知識の人がCSSをいじって壊さないように」ということで、簡単な部分以外はあえてCSSでカスタマイズできないようになっています。

CSSを知らない人には関係ありませんが、CSSで独自のカスタマイズをたくさん追加したい、という人には不向きなテーマです。

AFFINGER6のデメリット

AFFINGERロゴ
AFFINGERのホームページ:affinger.com

初期設定が複雑

AFFINGERについてよく言われるのは、「初期設定が難しい」ということです。

この点については、「ある程度仕方がない」部分もあります。なぜなら、他のテーマよりも外観設定が豊富なため、どうしても設定項目も多くなってしまうのは必然だからです。

「初期設定の分かりにくさ」については、AFFINGER6は、AFFINGER5よりも格段に良くなりました。AFFINGER5の時代には「なぜその設定がここに?」という具合に非常に分かりにくかったメニュー分類も、AFFINGER6では改善されて分かりやすくなりました。

ただ、依然として設定を分かりにくくしているのが、2つに分かれた設定画面です。設定がバラバラに分かれている分、どこに何があるのかが分かりずらいです。慣れるまではかなり迷うかもしれません。

AFFINGER設定ページとSWELL設定ページの比較

完全ブロックエディタ対応ではない

SWELLなどの「完全ブロックエディタ対応」テーマに比べると、AFFINGER6は「ブロックエディタ一部対応」なので、書き心地では劣ります

しかし、AFFINGER6になってブロックエディタが強化されて、細かい所まで手が入ったので、かなり使えるようになりました。

独自ブロックエディタで足りない部分は、ショートコードなどを使えば、十分に「ブロックエディタ」だけで対応できます。

有料オプションが多くて複雑

AFFINGER6 の通常版だけでもかなりの高機能ですが、その他にもさまざまな別売り商品があります。

かなりたくさんあるので分かりにくくなっています。

特にWordPress初心者には、これらの別売りが「一体何をするためのものなのか分からない」ということもあるでしょう。

別売り
本体AFFINGER6 EX(AFFINGER6の上位版)
子テーマJET(子テーマの上位版)
プラグインすごいもくじPro(Liteは付属)
写真ギャラリー
タグ管理マネージャー
PVモニター
ABテスト
カスタム検索プラグイン
外部URLブログカード
会話ふきだし
データ引き継ぎ
リッチアニメ

AFFINGER6は、これらのものを買わなくても、本体だけで十分使えます。

AFFINGER6に興味がある方は、まずは本体を買ってから、必要に応じて買い足していくのが良いでしょう。

Cocoonのデメリット

Cocoonロゴ
Cocoonホームページ:wp-cocoon.com

外観のデザイン性が弱い、外観設定が難しい

Cocoonで外観のデザインをプロっぽくしようとしても、CSSを知らないと難しいです。

「設定画面」から設定できる装飾が限られていて、それ以外の部分を変更したい場合は、CSSを書かなければなりません。

ここが有料テーマに比べて弱い部分です。有料テーマであれば必ずついている「見出しのデザイン変更」機能などもありません。

Cocoonには、好きなデザインを簡単に適用できる「スキン」という機能がありますが、ほとんどが素人の有志によって作られているのでデザイン的に微妙のものも多いです(中にはデザイナーさんが作った素敵なものもあります)。

スキンを適用した後に微調整しようとしても、CSSを直さなければならない場合も多いです。

そのため、Cocoonを使う場合は、スキンを適用したらそのまま使うほかはありません。

完全ブロックエディタ対応だが、SWELLほど細かい設定はできない

「完全ブロックエディタ対応」ではありますが、どの程度細かい設定を備えているかはテーマによります。

Cocoonは、SWELLのブロックエディタほど細かい設定はできません。

独自ブロックは多いですが、一般ブロックには全く手が入っていません。

そのため、「画像に枠を付ける」、「スマホで表をスライドする」などは、「ブロックエディタ上では」できません(設定画面でサイト内一括になります、個別はできません)。

Cocoonホームページ:wp-cocoon.com

SANGOデメリット

SANGOロゴ
SANGOホームページ:saruwakakun.design

外観設定の自由度が低い

SANGOは外観設定の自由度が低いのがデメリットです。似たような雰囲気になりやすいです。

SANGOの設定を変更するには、CSSが多用されます。販売元のサイトでは、カスタマイズのためのCSSコードがたくさん紹介されています。

CSSはほとんどはコピペで済みますが、コードのカスタマイズに慣れていない人が使うと、他の部分を消してしまったりすることもあるので注意が必要。

他の有料テーマでは簡単にできてしまうカスタマイズも、SANGOではCSSで書かねばならないことも多いです。

有料の公認子テーマPORIPUがあり、いくつかの機能を追加できますが、4~5000円なので安くはありません。

デザインはブログ向けのみ

デザインは明らかに「ブログ向け」で、「商用アフィリエイトサイト向け」ではありません。用途が限られてしまうこともデメリットといえるでしょう。

完全ブロックエディタ対応だが、SWELLほど使い勝手がよくない

Cocoon同様、完全ブロックエディタ対応ですが、SWELLほど細かい設定ができるわけではありません。

「機能が多い」テーマという印象はそれほど受けません。

SANGOホームページ:saruwakakun.design

JINのデメリット

JINロゴ
JINホームページ:jin-theme.com

ブロックエディタが6テーマで一番遅れている

紹介している6テーマの中で、ブロックエディタへの対応が一番遅れているのがJINのように感じます。独自ブロックもありますが、装飾を文字ベースで選ぶなど、あまり使い勝手が良くありません。

共通ブロックに至っては何も手が加えられていないので、「表、画像、段落、カラム、リスト」ブロックなどで細かい設定が全くできません。

そのため、ブロックエディタとクラシックエディタのMIXになってしまい、扱いが面倒です。

エディタの機能もあまり多くないので、表現が制限されます。

デザインが「かわいい」に限定される

特に男性からよく聞かれるのが、「デザインがかわいすぎて自分のサイトに合わなかった」という声です。

フォント、パーツなどがすべて「キレイかわいい系」に作られているので、男性向けにクールにしようとしても難しい部分があります。

使っている方が多いので、すすめられて買う人も多いかもしれませんが、自分のサイトのイメージに合うのかをよく検討してください。

アップデートの頻度が少ない

SWELLやSANGOなどは2週間に一度ぐらいアップデートがあり、バグ修正や機能の追加などが頻繁に行われていますが、ホームページを見る限り、JINは年に2回程度とかなり少ない気がします。

ブロックエディタへの対応も、大分前に対応したきりで、その後追加もされていません。その辺で、SANGOなどと大きく差がついてしまった印象です(SANGOは完全対応になった)。

JINホームページ:jin-theme.com

THE SONIC

The SONICロゴ
The SONIC ホームページ:the-sonic.jp

デザインに癖がある

一番ネックなのが「デザイン面」です。好き嫌いがあるデザインなので、「万人におすすめ」というわけにはいきません。

「外観デザイン」と「エディタ・パーツのデザイン」の両面とも、あまり洗練されているとは言えません。

機能的にはSWELLを超えるほど高機能なテーマなので、デザインが残念なところです。

月額制なので、長期的に高くつく

月額制なので、長期的に見ると高額になってしまうことがあります。ただしこれを裏返すと、一方で「ひと月分の金額でテーマを試せる」ということなので、気に入らなくても失敗は少なくて済みます。

途中でサブスクリプションをやめても、ほとんどの部分は使い続けることができます。

The SONIC ホームページ:the-sonic.jp

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる