MENU
チロ猫
こんにちは、チロ猫です。

ネットショップと趣味のブログをいくつか運営しています。
永久無料ドメイン付き!超高速サーバーConoHa Wing! 詳細

“かんたん移行”でConoHa Wingに乗り換える|WordPressブログを移転

この記事では、ConoHa Wingの便利機能「WordPressかんたん移行」を使用して本当に簡単にブログを移転できた経験について記載します。この記事を読めば、移行の注意点や手順がすべてわかります

30分もあればできるよ

ムームードメインで説明しているけど、他でもほとんど同じだよ!

目次

「WordPressかんたん移行」を使えばブログの移転がホントに簡単!

複数のサイトを移転してみたよ!

今回、大小複数のサイトを移転してみて感想、注意点、手順などについてご説明しますね!

コピーは1分~10分ぐらい(記事数による)

コピーにかかる時間は、サイトの規模にもよりますが、10記事程度のテストサイトで1分程度、100記事程度のサイトなら10分前後でコピーできます。コピー中も元のサイトが止まったりすることはありません。

テーマも丸ごとコピーしてくれる

サイトコピーが終了後、「少しはフォーマットが崩れていたりするんだろうか」と恐る恐るテストサイトを開いてみると

あ~らビックリ!

元と全く同じサイトがいとも簡単に出来上がっているではありませんか!なんの修正も必要ない!

チロ猫ブログでは、SWELLというテーマを使用していますが、テーマもすべてコピーされて適用された状態で出来上がっています!ほんの数分でこんなに簡単にコピー出来てしまうなんて感動!もっと移行したいぐらい!

ダミーサイトでテストしてから本番移行するのもおすすめ

そうは言っても、自分のブログが本当に移行できるのか不安

という方におすすめしたいのが、ダミーサイトを作ってテスト移行してみることです。移行の手順にも慣れますし、自信もつきます(チロ猫もダミーでテストをしてから当サイトを移行しました)。

万が一失敗しても、元のサイトは傷つかない

万が一失敗しても、元のサイトには一切影響がありませんので、ご安心ください。何度でも挑戦できます。

また、コピーが終わっても、ネームサーバーを変更しない限り、元のサイトがずっと有効になっています。単なるバックアップとしても使用できます

注意点!一時的にSSL化されない状態で表示されることがある

SSL化されていない状態で表示される時間(0~10分程度)

ブログ移行の際に、一番気になるのがダウンタイムですよね。

ブログが長時間表示されなくなったらどうしよう

と心配になる方も多いと思います。ただご心配には及びません。「このサイトは存在しません」と表示されることは絶対ありません。なぜなら、「旧サイト」から切り替える前に「新サイト」を作成してあるので、切り替わった瞬間から新サイトの表示が可能だからです。

ただし、ネームサーバーを切り替えて「新サイトに移行」してから「SSL証明書のインストールが終わる」までの10分程度の間、「このサイトはSSL化されていません」と表示されることがあります。

WordPressでブログを作ったことのある方なら、今お使いのサーバーに SSL証明書をインストールしたことがあると思いますが、ダウンタイムの時間はだいたいそれと同じ位です(ロリポップでは10分ぐらい)。ですので、通常であればダウンタイム(非SSL化)は10分程度になると考えられます。

ただし、朗報です!ダウンタイム0になるかもしれません!

今回、大小複数のサイトを移行してみてわかったことなのですが、規模の小さいサイトは実際の表示がすぐに新サイトに切り替わるので「非SSL化」時間が発生するのですが、規模の大きいサイトは、実際の表示がなかなか新サイトに切り替わらず、その間にSSL化が終了するので、「非SSL化」時間は0でした。つまり、ダウンタイム0でした。

(ネームサーバーが切り替わってConoHaにSSL証明書がインストールできるようになったのに、引き続き古いサーバーからサイトが表示されているという、不思議な時間が発生します)

そのため、50記事以上の規模であれば、ダウンタイムは発生しないのではないかと考えます(あくまでも自分の体験による私見ですので、確実ではありません。ご了承ください)。

移行前の準備(これをやらないと失敗する!)

相性の悪いプラグインは無効にしてね

プラグインを外す

ログインの際に「はにほへ」とひらがなの入力を求めたり、写真のパーツを選択するようなセキュリティ系プラグインを入れていると、「かんたん移行」のプログラムが自動でログインできなくなるので失敗します。下記のようなプラグインを有効化している場合は、無効化してください。

  • SiteGuard WP Plugin
  • Invisible reCaptcha for WordPress
  • その他、類似のセキュリティ系

また、下記は、ConoHaのWebサイトに「エラーとなる可能性が高いプラグイン」として記載されているものです。無効化しておきましょう。

  • Yet Another Related Posts Plugin
  • WassUp Real Time Analytics
  • WordPress Popular Posts
  • wp slims stat
  • Broken Link Checker
  • count per day

ConoHaのサイトには記載されていませんが、バックアップ系もエラーの原因となることもあると言われています。もし移行時にエラーが発生した場合は、無効化してみてください。

パスワードを確認する

移行元で使用しているパスワードが、ConoHaの要求する基準にあっていない場合、失敗する可能性があります。

ConoHaで新規にWordPressをインストールしようとすると、以下のようなパスワードを要求されます。

8~70文字、半角英数字記号の組み合わせ

元のサイトでこの基準を満たしていないパスワードを使用している場合、ConoHaサーバーでの要求を満たせずに失敗する可能性があります。

ただ、チロ猫の場合、元のサイトのパスワードに記号を入れていなかったのですが大丈夫でした。。。なので、絶対ではないみたいです。一度やってみて、だめなら半角英数字記号の長めのパスワードを作って再度挑戦してみましょう。

ConoHa Wingに申し込む

(すでにConoHa Wingに申し込み済の方は、次の「WordPressかんたん移行でConoHaに移転」にジャンプしてください。)

ConoHaの「かんたん移行」を使用するには、事前にConoHaに申し込んでおく必要があります。

移行のためのConoHaの申し込み手順は、以下の通りです。

STEP
ConoHa Wingの申し込み手順

まずは、下記からConoHa Wingにログインします。

https://www.conoha.jp/wing/
STEP

今すぐお申込み をクリックします。

STEP

メールアドレスパスワードを入力し、次へ をクリックします。

STEP

契約期間とプランを選択します。契約期間が長いほど割引率は大きくなります。

(キャンペーン中の場合、右側にキャンペーン割引適用後の価格が表示されます)。

次に初期ドメイン名を入力します。このドメイン名はブログのドメイン名ではありません。契約時にもらえる .conohawing.com のサブドメインになります。

下に移動します。

STEP

WordPressかんたんセットアップでは 利用しない を設定します。

次へ をクリックします。

STEP

必要事項を入力したら、次へ をクリックします。

STEP

認証のための電話番号を入力し、SMS認証 をクリックします。

STEP

送られてくる4桁の認証コードを入力し、送信 をクリックします。

STEP

認証に成功したら、次は支払い方法を入力します。
ここではクレジットカードの番号を入力します(すぐに使えるようになるのでおすすめです)。

STEP

契約内容を確認し、お申し込み をクリックします。

これでサーバー契約は完了しました。

STEP

ドメインの取得を促すポップアップが表示されたら、今は追加しない でOKです。

WordPressかんたん移行でConoHaに移転する

ドメインを追加する

まずは、元のサイトと同じドメイン名をConoHaに作成します(同じドメイン名を作成しても、元のサイトはエラーが起きたりしないので大丈夫です)。

次の手順で行います。

STEP

WING > サーバー管理 > ドメイン > +ドメイン の順にクリックします。

STEP

新規ドメイン追加 をクリックします。

ドメイン追加にドメイン名を入力します( xxxxxxx.com など)

無料独自SSL利用しない を選択します(ネームサーバーを切り替えてからでないと、SSL化できません)。

保存 をクリックします。

STEP

ドメインが追加されました。

作成中 のステータスが表示されました。

STEP

しばらくすると「稼働中」になります。稼働中になったら次に進みます。

サイトをコピーする

次はいよいよサイトをコピーします。下記の手順に従います。

STEP

サイト管理 をクリックします。正しいドメイン名が表示されていることを確認してください。

STEP

サイト設定 > アプリケーションインストール > +アプリケーション の順にクリックします。

STEP

WordPressかんたん移行 を選択します。

テスト移行利用しない を選択します(テスト表示できるので、わざわざテスト移行を選択する必要はない)。

バージョンは 5.6.2 を選択します。

移行元URL に移行元のURLを入力します(https:// もつける)

サイトURLwwwあり/なし については、自分のサイトに合わせてください。

STEP

移行元ユーザーパスワードを入力します。

データベースのパスワードを新規で入力します。

プラグインはチェックを入れたままにしてください(あとで確認に使用します)。

WordPressテーマインストール利用しない を選択

最後に 保存 をクリックします。

STEP

成功しました と表示されます。

ドメイン横の > クリックして開きます。

STEP

コピーの進捗が表示されます。100%になるまで待ちます。

STEP

100%になったら、基本設定 をクリックします。

STEP

動作確認URL の横の > をクリックして開きます。

利用設定ON にします。

表示されたリンクをクリックしてサイトを確認します。

STEP

確認して問題なければ、OFF に戻します。

ネームサーバーを切り替える

次はネームサーバーの切り替えを行います。ここではムームードメインを使用しています。

お名前ドットコムとXドメインについては、下に参照のリンクを貼っておきますので、ご覧ください。

STEP

まず、ConoHa側でネームサーバーの値を確認します。

DNS をクリックし、ドメイン横の > をクリックして展開します。

NS の行に書かれている値を確認します。

STEP

次はムームードメインに移動します。

お名前ドットコムでネームサーバーを変更する場合は、こちらを参照。
Xドメインでネームサーバーを変更するには、こちらを参照。

ドメイン一覧 をクリックします。右側で目的のドメインをクリックします。

STEP

ネームサーバー設定変更 をクリックします。

STEP

GMOペパボ以外のネームサーバーを使用する を選択します。

ネームサーバー1~3に、STEP1 で確認したネームサーバーの値を入力します。

ネームサーバー設定変更 をクリックします。

これでネームサーバーの設定変更が完了しました。

お名前ドットコム、Xドメインの場合

お名前ドットコムでネームサーバーを変更する場合は、こちらを参照。

Xドメインでネームサーバーを変更するには、こちらを参照。

SSL証明のインストール

STEP

サイト管理 > サイトセキュリティ > 独自SSL をクリックします。

無料独自SSL の横の > をクリックします。

設定中 が消えるまで待ちます(数分かかります)。

5-10分しても変わらない場合は、ブラウザを再読み込みしてください。

STEP

設定中が消えたら、ON をクリックします。

STEP

再び 設定中 になります。利用中 になるまで待ちます。

STEP

10分ほどで 利用中 と表示されます。

「かんたんSSL」ボタンで HTTP > HTTPS に切り替え

SSL証明書はインストールされましたが、まだWordPress内では http になっています。これを https に変更するための作業を行います。次の手順で行います。

STEP

サイト管理 > サイト設定 > アプリケーションインストール の順にクリックします。

サイト名横の > をクリックして開きます。

STEP

かんたんSSL化 の SSL有効化 をクリックします。

成功しました と表示されます。これで httphttps に変更されました。

これですべての作業が終了しました!

実際にConoHaに移行したかを確認する方法

作業は一通り終了しましたが、本当に移行ができているのか気になるところですよね。

実は、この時点では、「旧サーバー」の管理画面からWordPressにアクセスすることもできますし、「新サーバー(ConoHa)」の管理画面からWordPressにアクセスすることもできます。一体どっちのサーバーのものが表示されているのでしょう。

それを確認するのが、以下の手順です。

STEP

管理画面URL のリンクから、WordPressの管理画面にアクセスします。

STEP

実は、ConoHaのリンクを踏んだからといって、ConoHaのサイトにアクセスしているとは限りません。本当にConoHaに移行したかどうかを確認するには、以下の点をチェックします。

WordPress管理画面の下部に「ConoHa WING」というプラグインがあるかどうかを確認します。この確認が取れたら、サイト移行は完全に終了です。

大きいサイトの場合は、表示されるまでに数時間かかりました

この確認が完全に取れるまでは、古いサイトのデータを消去しないようにしてください。サイトが表示されなくなります。

「かんたん移行」の設定で、ConoHaプラグインのインストールのチェックを外していると、このプラグインは表示されませんのでご注意ください。

移行後にすべき作業

「かんたん移行」でWordPressファイルは移行されましたが、自分が以前 ftp でアップロードしたファイルなどは移行されていません。

確認すべきファイルは以下の通りです。

  • Google Adsenceのads.txtファイル
  • XML sitemap

Google Adsence の ads.txt ファイル

ConoHa Wingでは、サーバー管理画面に「ファイルマネージャー」が備えられていますので、こちらを使用してads.txtファイルをアップロードできます。

ConoHaのサーバー管理画面から、Wing、サイト管理、ファイルマネージャーの順にクリックし、ブログ名の直下にads.txtファイルをアップロードします。

詳しくは動画を参照してください。

XML sitemap

後日、Google Search Consoleの「サイトマップ」の項目でエラーが発生する場合があります。その場合、再度サイトマップを追加してください。

追加できない場合は、一度プラグインを削除し、再度有効にしてサイトマップを作成してください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる