MENU
チロ猫
こんにちは、チロ猫です。

ネットショップと趣味のブログをいくつか運営しています。
◆ 神テーマ「SWELL」のすべて!◆ 特徴 ~ エディタ ~ 移行手順 ~ デメリット ~ 感想 ~ 比較まで!記事へ GO!

ブログをConoHa Wingに移転|WordPressかんたん移行

ConoHa Wing 公式ページ:https://www.conoha.jp/wing/

WordPress ブログを ConoHa に移転したいけど…。
やり方が分からない。

ConoHa の「WordPressかんたん移行」を使ったブログの移行方法を解説するよ!

この記事では、ConoHa の便利機能「WordPress かんたん移行」を使用して、WordPress ブログをConoHaに移行する方法を解説します。

ネームサーバーの変更方法は、下記をすべて解説しています!

  • お名前ドットコム
  • ムームードメイン
  • Xドメイン

2022年2月、内容を大幅更新

「WordPressかんたん移行」の手順が変わりました!最新の手順で解説します。

目次

移行前に知っておこう!

移行を行う前に、まずは下記を理解しておきましょう。

元のサイトは傷つかない

移行のせいで、サイトが壊れてしまったらどうしよう?

「移行が原因でサイトに問題が起きてしまったらどうしよう」と心配になるかもしれませんが、ご安心ください。元のサイトは一切傷つきません

万が一移行時にエラーが発生した場合でも、元のサイトの安全性は確保されているので心配ありません。

テーマも丸ごと移行される

フォーマットが崩れたりしません!

使用している独自テーマも適用され、前と全く同じ状態で出来上がります。

完璧なコピーがあっという間にできてびっくり!

ダウンタイムが発生する

表示を新サーバーに切り替えてから、SSLをインストールする間だけ、ダウンタイムが発生します。

セキュリティがかかっていないダウンタイム中は、「安全でないサイト」と見なされて表示されなくなってしまいます。

テストサイトでは1時間前後でしたが、それ以上かかる場合もあります(状況により異なります)。

サイトが表示されない時間が発生するよ!

理解した上で作業に進もう!

できればダミーサイトでテストして

そうは言っても、自分のブログが本当に移行できるのか不安

という方におすすめしたいのが、ダミーサイトを作ってテスト移行してみることです。

現在1円でドメインを取得できますので、テストサイトを作成して、事前に移行作業を行ってみることをお勧めします。移行手順にも慣れますし、自信も付きます。

本番移行中にエラーが発生すると焦ってしまうので、事前にテスト移行で慣れておいたほうがいい。

難しいと感じたら「プロに依頼」も可能

難しいと感じたらプロに依頼できます。

ConoHa Wing公式ページ:WordPress移行代行」の記事

と感じたら、プロに依頼することも可能です。ConoHaには「WordPress移行代行」サービスがあります。

他サーバーに比べて低価格で「移行代行」を依頼できます。好きな日時を選択可能。

金額などの詳細は公式ページをご参照ください。

サーバーの切り替えに自信のない方は、無理せずこちらもご検討ください。

難しそうだから、プロに丸投げしちゃおうかな?

実際のブログの移行手順

実際のブログの移行手順は、次のような順序になります。

  1. ドメインの作成
  2. 「かんたん移行」でサイトをコピー
  3. ネームサーバーを切り替える
  4. サイトのSSL化

少し詳しく見ていきましょう。

❶ドメインの作成

ConoHaサーバーに「運営サイト」と同じ名前のドメインを作成します。

「かんたん移行」でサイトをコピー

上で作ったドメインに、「WordPressかんたん移行」でサイトをコピーします。

所要時間は、数記事のテストサイトで3,4分100記事程度のサイトなら30-60分と予想します(ファイルの容量や通信状態にもより異なります)。

ただ、コピー中も元のサイトは正常に運営されていますので、万が一長くかかっても心配ありません。

❸ネームサーバーを移行

「お名前ドットコム」などのサイトで、ネームサーバーをConoHaに変更します。

実際に切り替わるまでは、1時間~数時間(まれに数十時間)かかります。

切り替わる前まではサイトは通常運営されています。切り替わった直後からダウンタイムが発生します。

❹サイトをSSL化する

ネームサーバーが切り替わった後に、SSLをインストールします。

SSLのインストールが終わるまでの間がダウンタイムになります

所要時間は、ネームサーバーが完全にConoHaに切り替わってから1時間程度と予想されます(テストではまれに数時間かかることもありました)。

SSL化が終了すれば、通常の運営に戻ります。

移行前の準備(これをやらないと失敗する!)

移行時のエラーを防ぐため、移行前に確認しておかなければならないポイントがあります。

(細かい注意点については、公式サイトの移行作業前の確認でも確認できます。)

特に以下の2点に注意してね!

  1. 相性の悪いプラグインを外す
  2. WordPressのパスワード確認

相性の悪いプラグインを外す

ログインの際に「はにほへ」とひらがなの入力を求めたり、写真のパーツを選択するようなセキュリティ系プラグインを入れていると、「かんたん移行」のプログラムが自動でログインできなくなるので失敗します。下記のようなプラグインを有効化している場合は、無効化してください。

  • SiteGuard WP Plugin
  • Invisible reCaptcha for WordPress
  • その他、類似のセキュリティ系

また、下記は、ConoHaのWebサイトに「エラーとなる可能性が高いプラグイン」として記載されているものです。無効化しておきましょう。下記を参照してください。

  • Yet Another Related Posts Plugin
  • WassUp Real Time Analytics
  • WordPress Popular Posts
  • wp slims stat
  • Broken Link Checker
  • count per day

ConoHaのサイトには記載されていませんが、バックアップ系もエラーの原因となることもあるようです。もし移行時にエラーが発生した場合は、無効化してみてください。

パスワードを確認する

事前に、今使用しているWordPressのパスワードを確認してみてください。

移行元で使用しているパスワードが、ConoHaの要求する基準にあっていない場合、失敗する可能性があります。

ConoHaで新規にWordPressをインストールしようとすると、以下のようなパスワードを要求されます。

8~70文字、半角英数字記号の組み合わせ

元のサイトでこの基準を満たしていないパスワードを使用している場合、ConoHaサーバーでの要求を満たせずに失敗する可能性があります。

一度試してみて、移行時にエラーが出る場合は、ConoHaの基準に合ったパスワードに変更してみてください。


それでは早速、移行作業に移りましょう!

WordPressブログの移行を「自分で行う」場合も「プロに依頼」場合も、事前に ConoHa Wing への申し込みを済ませておく必要があります。

ConoHa Wingに申し込む

まずは ConoHa への申し込みを済ませよう!

STEP
ConoHa Wing の申し込み手順

まずは、以下のリンクから ConoHa Wingの公式ページにアクセスします。

ConoHa Wing の公式ページ:

https://www.conoha.jp/wing/

STEP

今すぐお申込み をクリックします。

ConoHa Wing お申込み画面

STEP

ConoHaサーバーのログインに使用するメールアドレスとパスワードを入力し、 次へ をクリックします。

ConoHa Wingの登録画面
STEP

必要事項を選択します。

契約期間:3か月から。長いほど割引が多くなります。

初期ドメイン:ConoHaからもらえるサブドメインで、ブログのドメイン名ではありません。

サーバー名:デフォルトのままでも構いません。

ConoHa Wing の Wingパック申込画面

下へ移動します。

STEP

WordPressかんたんセットアップ: 利用しない を選択します。

ConoHa Wing の申込画面で、WordPressかんたんセットアップを「利用しない」を選択する画面

次へ をクリックします。

補足情報

WordPressかんたんセットアップを「利用する」で「他社サーバーからの移行」を使用する方法もありますが、エラーが出たときに問題の切り分けがしにくくなるため、別々に行います。

STEP

必要事項をすべて入力したら、次へ をクリックします。

ConoHa Wing の申込画面で、お客様情報を入力
STEP

電話認証を行います。 SMS認証 電話認証 のいずれかをクリックします。通常は SMS認証 でOKです。

ConoHa Wing の申込画面で、電話番号を入力する
STEP

送られてきた4桁の暗証番号を入力し、 送信 をクリックします。

ConoHa Wing の申込画面で、認証コードを入力する
STEP

お支払い方法を入力します(クレジットカードだとすぐに使えるのでお勧め)。

クレジットカード情報を入力し、下に移動します。

ConoHa Wing の申込画面で、クレジットカード番号を登録する
STEP

表示された情報を確認し、 お申込み をクリックします。

これでConoHaサーバーの契約は完了です。

ConoHa Wing の申込画面で、情報を確認して、申込みをクリック
STEP

無料ドメインを設定しますか?」と表示されたら、今は追加しない をクリックします。

ConoHa Wing の申込後、「無料独自ドメインを設定しますか?」の画面が表示される
STEP

これで ConoHa Wing への申し込みが終了しました。

引き続き、ブログ移転作業を行いましょう。

WordPressかんたん移行でConoHaに移転する

それでは、実際の移行手順の解説に入ります。

次の順番で行います。

  1. ドメインの作成
  2. 「かんたん移行」でサイトをコピー
  3. ネームサーバーを切り替える
  4. サイトのSSL化

❶ドメインの作成

まずは、元のサイトと同じドメイン名をConoHaに作成します(同じドメイン名を作成しても、元のサイトはエラーが起きたりしないので大丈夫です)。

次の手順で行います。

STEP

サーバー管理 > ドメイン > +ドメイン の順にクリックします。

STEP

新規ドメイン追加 をクリックします。

ドメイン追加にドメイン名を入力します( xxxxxxx.com など、https://は不要)

無料独自SSL利用しない を選択します(ネームサーバーを切り替えてからでないと、SSL化できません)。

保存 をクリックします。

ConoHa Wingの管理画面で、新規ドメイン名を入力する
「利用する」を選択するとエラーが出る

ここで「利用する」を選択すると、下図のエラーが発生しますのでご注意ください。

STEP

ドメインが追加されました。

作成中 のステータスが表示されました。

ConoHa Wingの管理画面で、新規ドメインが追加された
STEP

1分ほどすると「稼働中」になります。

STEP

「稼働中」になったら次に進みます。

「かんたん移行」でサイトをコピー

次はいよいよ「かんたん移行」でサイトをコピーします。次の手順で行います。

STEP

サイト管理 をクリックします。正しいドメイン名が表示されていることを確認してください。

ConoHa Wingの管理画面で、正しいドメインが表示されていることを確認
STEP

サイト設定 > WordPress > +WordPress の順にクリックします。

ConoHa Wingの管理画面で、WordPressを追加する
STEP

かんたん移行 を選択します。

テスト移行利用しない を選択します(テスト表示できるので、わざわざテスト移行を選択する必要はない)。

バージョンは最新版(ここでは 5.9.0 )を選択します。

移行元URL に移行元のURLを入力します(https:// もつける、最後の / も忘れずに。できればコピペして)

サイトURLwwwあり / wwwなし については、自分のサイトに合わせてください。

下の欄は空欄でOKです(ディレクトリを指定する場合のみ記入)。

STEP

移行元ユーザーパスワードを入力します(WordPressのもの)。

データベースのパスワードを新規で入力します。

プラグインはチェックを入れたままにしてください(あとで確認に使用します)。

WordPressテーマインストール利用しない を選択してください(二重にインストールされてしまいます)。

最後に 保存 をクリックしてコピーを開始します。

STEP

左下に「成功しました」と表示されます。

次に、ドメイン横の > クリックして開きます。

ConoHa Wingの管理画面で、かんたん移行に成功した

この時点でエラーが出た場合は、サイトのパスワードを見直したり、不要なプラグインを削除したりして再度試してみてください。

STEP

コピーの進捗が表示されます。100%になるまで待ちます。

ファイル数により異なりますが、数分から数十分程度です(この間も元のサイトは正常に運営されているので大丈夫です)。

ConoHa Wingの管理画面で、コピーの進捗が表示される
STEP

100%になったら、基本設定 をクリックします。

ConoHa Wingの管理画面で、コピーのステータスが100%になった
STEP

動作確認URL の横の > をクリックして開きます。

利用設定ON にします。

表示されたリンクをクリックしてサイトを確認します。

ConoHa Wingの管理画面で、動作確認URLをONにする
STEP

確認して問題なければ、OFF に戻します。

ConoHa Wingの管理画面で、動作確認URL をOFFにする
STEP

正しくコピーされていることを確認したら、ネームサーバーの切り替えに進みます。

❸ネームサーバーを切り替える

下記のConoHaネームサーバーの値を、自分が利用しているレジストラのサイトに設定します。

ConoHa Wing ネームサーバーの値

ns-a1.conoha.io
ns-a2.conoha.io
ns-a3.conoha.io

自分が使用しているレジストラを選択してください。

STEP

お名前.com Navi」にログインします。

ネームサーバーの設定 > ネームサーバーの設定 を選択します。

STEP

更新画面から移動する をクリックします。

STEP

目的のドメインにチェックを入れます。

ネームサーバーの選択 で、その他のサービス をクリックします。

STEP

その他のネームサーバーを使う にチェックを入れます。

ConoHa のネームサーバーの値を入力し、確認 をクリックします。

STEP

確認画面が表示されたら、OK をクリックします。

STEP

これでネームサーバーの変更が完了しました。

実際にネームサーバーがConoHaに切り替わるまでに1~数時間(まれにそれ以上)かかります。

切り替わるまでは旧サイトが正常に表示されますので、長くかかっても問題ありません。

❹サイトのSSL化

ネームサーバーを再設定したら、SSLのインストールを行います。次の手順で行います。

STEP
サイトのSSL化

サイト管理 > サイトセキュリティ > 独自SSL をクリックします。

無料独自SSL の横の > をクリックします。

設定中 がいったん消えるまで待ちます(30分~1時間かかります)。

ConoHa Wingの管理画面で、無料独自SSLを選択
STEP

設定中が消えたら、ON をクリックします。

ConoHa Wingの管理画面で、無料独自SSLの利用設定をONにする
STEP

再び 設定中 になります。利用中 になるまで待ちます。

STEP

30分~1時間ほどで 利用中 と表示されます。

OFFに戻ったり、エラーが出る場合

ON をクリックしても OFF に戻ってしまったり、エラーが出る場合があります。これは、まだネームサーバーが完全に移行できていないため、SSL化できないと考えられます。

「15分ほど置いてから再度 ON をクリックする」という作業を繰り返してください。通常は1時間~数時間以内に ON に移行できます。

この間はダウンタイムですので、放置したままにせず、なるべく早く「利用中」に移行させましょう。

SSL化に失敗すると、メールでお知らせが来る

SSL化に失敗すると、メールボックスにConoHaから「無料独自SSLセットアップが失敗しました」というメールが届くことがあります。

ただし、後からSSL化に成功していれば問題ありませんので、メールは無視して大丈夫です。

STEP

利用中が ON になったら、あと一息です。次の作業を行います。

サイト管理 > サイト設定 > WordPress の順にクリックします。

サイト名横の > をクリックして開きます。

STEP

かんたんSSL化SSL有効化 をクリックします。

成功しました と表示されます。これで httphttps に変更され、自動的にリダイレクトが行われるようになりました。

これで新サイトが正常に表示されるようになりました!

実際にConoHaに移行したかを確認する方法

作業は一通り終了しましたが、本当にConoHa に移行ができているのか気になるところですよね。

それを確認するのが、以下の手順です。

STEP

管理画面URL のリンクから、WordPressの管理画面にアクセスします。

STEP

実は、ConoHaのリンクを踏んだからといって、ConoHaのサイトにアクセスしているとは限りません。本当にConoHaに移行したかどうかを確認するには、以下の点をチェックします。

WordPressの管理画面で、ConoHa Wingのツールが表示されているかを確認

WordPress管理画面の下部に「ConoHa WING」というプラグインがあるかどうかを確認します。この確認が取れたら、サイト移行は完全に終了です。

この確認が完全に取れるまでは、古いサイトのデータを消去しないようにしてください。サイトが表示されなくなります。

「かんたん移行」の際に ConoHaプラグインのインストールのチェックを外していると、このプラグインは表示されません。

移行後にすべき作業

「かんたん移行」でWordPressファイルは移行されましたが、自分が以前 ftp でアップロードしたファイルなどは移行されていません。

確認すべきファイルは以下の通りです。

  • Google Adsenceの ads.txt ファイル
  • XML sitemap

Google AdSense の ads.txt ファイル

Google AdSense に参加していない場合、この作業は不要です。

後日、Google AdSenseのページで「ads.txt」をアップロードするように指示されたら、ConoHaのサーバーにアップロードを行います。

ConoHa Wingでは、サーバー管理画面に「ファイルマネージャー」が備えられていますので、こちらを使用してads.txtファイルをアップロードできます。

ConoHaのサーバー管理画面から、サイト管理 > ファイルマネージャー の順にクリックして、ファイルマネージャーを開きます。

public_html の下の、該当するドメイン名の直下に「ads.txt」ファイルをアップロードします。

太い上向きの矢印をクリックし、ファイルを指定してアップロードします。下図は「ads.txt」をアップロードしたところです。

XML sitemap

XML Sitemap プラグインを使用していない場合、この作業は不要です。

後日、Google Search Consoleの「サイトマップ」の項目でエラーが発生する場合があります。その場合、再度サイトマップを追加してください。

追加できない場合は、一度プラグインを削除し、再度有効にしてサイトマップを作成してください。

どうしてもエラーで移行できない場合

ずっとエラーが発生して、どうしても移行できない

「どうしてもエラーが発生して移行できない」場合は、ネームサーバーの設定を元に戻して、旧サイトの表示を有効にしましょう。

自分では解決できない」という場合には、思い切ってプロにお願いしてみましょう

ConoHaの場合、他サーバーよりも低価格で「WordPress移行代行」を依頼することができます。詳細は公式ページを参照してください。

ConoHa Wing 公式ページ(記事):WordPress移行代行

移行作業が上手くいきますよう願っております。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる