MENU
チロ猫
こんにちは、チロ猫です。

ネットショップと趣味のブログをいくつか運営しています。
永久無料ドメイン付き!超高速サーバーConoHa Wing! 詳細

有料ならSWELL、無料ならCocoonがおすすめの理由|WordPressテーマ

目次

無料ならCocoon、有料ならSWELL がおすすめ

チロ猫ブログでは、

アフィリエイトブログを最速で立ち上げる

ことを目標にしていますので、テーマ選びにおいても「どうしたら質のいいブログを最速で立ち上げられるか」という視点をもとに解説しています。

そのような観点から、最もおすすめなのは初期設定が容易なテーマ(特にSWELL)なのですが、いきなりテーマにお金をかけるということに抵抗がある方も多いでしょう。

その場合には無料のCocoonをなるべくカスタマイズせずに使う(スキンのみ適用)という、最速の方法をおすすめしています(Cocoonを使うことのデメリットも解説しています)。

以下に、CocoonとSWELLをおすすめする理由を解説します。

無料ならCocoon|テーマ選びに迷ったらまずは使ってみて

Cocoonロゴ

いきなり有料テーマを買う気になれない、何を選んだらいいのか分からないと言った人のために、まずは迷ったらCocoonをおすすめしています。

でも、なんでCocoonなの?

Cocoonをおすすめする理由5つ

  1. まずは無料だから!これ大事
  2. 機能が豊富だから
  3. ブロックエディタ完全対応だから
  4. ユーザーが多くて、検索すればすぐに答えが見つかるから
  5. はじめから自分にぴったりの有料テーマを見つけるのは難しいから

これらについて詳しく説明していきますね。

①まずは無料だから!これ大事

高評判で無料なのだから、一度は使ってみても損はない!

Cocoonは、開発者のわいひらさんが無料で提供してくださっている、超有名なWordPressテーマです。はじめての方におすすめしやすい理由は、まずは無料だからという点が大きいですが、でもそれだけじゃない!

②機能が豊富だから

WordPressの管理画面で、Cocoon設定の全タブを紹介

Cocoonには無料ながらとても多くの機能が備わっています。広告管理、SNSとの連携、AMP高速化対応、Googleとの連携、トップページの動的な装飾など、色々とできてしまいます。ブロックエディタにも完全対応で、キラリと光るボタンなんてビジュアル表示で簡単に作れちゃいますよ。

ユーザーさんの中には、「有料のテーマを色々買ったけど、結局Cocoonが一番良かった」と、Cocoonに戻ってしまう人もいるくらい、有料テーマにも勝るとも劣らない機能を豊富にそろえた優秀なテーマです。

③ブロックエディタ完全対応だから

ブロックエディタで、Cocoonの独自ブロック紹介

現在、ブロックエディタがしっかり使えるようになっているテーマは次の3つです(Cocoon、SWELL、The Sonic)。その他の人気の有料テーマJIN、SANGO、Thor、Affinger、TCD、賢威などはクラシックエディタ推奨で、完全なブロックエディタ対応にはなっていません(一部使えるのみ)。

Cocoonは無料テーマでありながら、最新のブロックエディタに対応しているところが素晴らしいですね。

④ユーザーが多くて、検索すればすぐに答えがみつかるから

Cocoonをおすすめする4つ目の理由は、Cocoonはユーザー数が多いので、ネット上にカスタマイズ情報があふれているからです。

テーマを使用してサイトをカスタマイズしていると、必ずわからないことや、うまくいかないことが出てきます。「こういうデザインにしたいのに、思い通りに表示できない!」という壁にぶち当たります。そんな時にはまずは検索で答えを探します。ユーザーがたくさんいるテーマは、必ずと言っていいほど検索で答えが見つかります。自分と同じ問題に先に直面したユーザーが答えを書いてくれているからです。Cocoonなら1,2を争うほどユーザーが多いテーマなので、検索すれば求めている答えがきっと見つかります。

⑤はじめから自分にぴったりの有料テーマを見つけるのは難しいから

Cocoonをおすすめする5つ目の理由は、前知識もなしにいきなり高額商品を購入するのは難しいからです。

ここで想定している読者さんは、これからWordPressやブログを始めていこうという方たちです。つまりWordPressにまだ触ったこともないし、テーマが何なのかまだよくわからないという方になります。

何がわからないかわからない、といった状態の方々に、いきなり1万円~2万円もするテーマの中で「自分にぴったりのものを買ってください」と言われてもかなり難しいのではないでしょうか。そこで、まずは無料で大変評判のいいCocoonの使用をおすすめしております。

Cocoonのテーマを使いながら、WordPressの使い方や記事の書き方などを覚え、理解したうえで、「もっとこういう機能が欲しい」とか、「こういうカスタマイズがしたいのに、このテーマではできない」と感じたら、自分が求めている機能のある有料テーマを購入するのがいいと考えます。

ただし、もしブログを教えてくれる先生や先輩がいて、「このテーマが良い」とおすすめしてくれるとか、「憧れのブロガーさんがJINを使っているから、自分もJINを使いたい」など、初めから決めているものがあればそちらの有料テーマを使っても良いでしょう。特におすすめもされていないし、自分の好みもまだ分からないという方には、まずは高機能のCocoonを使いながら、WordPressやブログ自体に慣れていくことをおすすめします。

Cocoonを使うことのデメリットってあるの?

先ほども挙げた通り、Cocoonには有料版テーマとも遜色ないような様々な機能があるので、ブログ運営において使い続けていくのに全く問題ありません。

ただ、メリットばかりではなく、あえてデメリットもお伝えしておこうと思います。

デザインのカスタマイズが、有料テーマほど簡単ではない

Cocoon設定で、スキンの紹介

多くの有料テーマには「デモサイト」のようなサンプルサイトがあって、気に入ったサイトのデザインを簡単に自分のブログに読み込めるようになっています。さらに、微調整したい部分は、設定項目を変更することで簡単に変更できます。

一方、Cocoonにも「スキン」というデザインを選ぶ機能がありますが、ユーザー方が善意で提供して下さっているデザインなので、有料のテーマに比べてデザイン性は劣ります(中には素敵なものもありますが)。

また「スキン」はユーザーが独自のCSSで記述しているので、「Cocoon設定」の項目を利用しても変更できない場合があります。微調整したい場合は、自分でCSSを書き直すしかありません。見出しのカスタマイズ機能などはありませんので、すでに設定されているものを使用するか、自分でCSSを書いて変更することになります。

Cocoonはレスポンシブ対応ですが(PCとスマホの見た目が自動的に最適化)、スマホの見た目がなかなか思い通りにならないなど、やりにくさもあります。その結果、最初のデザインの段階で時間をたくさん取られてしまうという可能性もあります。

このような理由から、Cocoonを使う場合は、お気に入りの「スキン」を適用したらそのまま使うぐらいの覚悟で行きましょう。

CSS設定に不慣れなユーザーが、無料テーマを自分の思いどおりにカスタマイズしようとして試行錯誤すると、泥沼にはまってしまうことも多いです。

ある程度のところで割り切って使用するか、どうしても気に入らなければ、早めに見切りをつけて、有料テーマに移ることも考えてください。

くれぐれも、無料テーマの初期設定に何週間もかけないようにしてください。

何週間かけても納得したものが出来上がらないのであれば、いっそ見切りをつけて、有料テーマを購入しましょう。

チロ猫のようにならないでね。

ブログの目的は収益を得ることであって、見た目に凝ることではありません。なるべく最速でブログ立ち上げて、記事の執筆に多くの時間を使うようにしましょう。

途中から他の有料テーマに移行した場合、既存の記事の修正が大量に発生する

いきなり有料テーマの購入を決めることが難しいと感じる方のためにCocoonをおすすめしてはいますが、一番のデメリットは、途中でテーマを変更した場合、既存の記事に型崩れが発生してしまい、あとから修正に多くの時間を取られてしまうということです。

各テーマには、テーマ独自の装飾機能があります。例えば、Cocoonには独自のふきだし機能や文字装飾用のマーカー機能がありますが、テーマを変更すると、それらの装飾が消えてしまったり、型崩れしてしまうことがあります。

そのため、もし将来的に有料テーマへの変更を検討している場合は、記事数が少ないうちに移行を考えた方がいいでしょう。100記事も書いてしまったあとに、テーマ変更すると、かなり見た目の修正に時間がかかってしまいます。

それが嫌な場合は、記事を書きだす前に別の有料テーマに変更してしまうか、または最初のブログはCocoonと割り切って、2つ目以降のブログで有料テーマを使うなどにしましょう。

無料テーマを使う場合、まずはこれらのメリットとデメリットを十分理解したうえで使用してください。

有料テーマならSWELLが使いやすい

有料テーマ SWELL 17600円

SWELLはブロックエディタ完全対応で高機能な、非常に評判の良い有料テーマです。

SWELLのホームページ:https://swell-theme.com/

おすすめの理由

  1. 設定項目が分かりやすいから
  2. ブロックエディタ完全対応だから
  3. 一番書きやすいから
  4. スピードも速いから(Cocoon比)

一つ一つ説明していくね!

①設定項目が分かりやすいから

SWELLのカスタマイズ画面、メニュー紹介

SWELLは設定項目の配置が分かりやすく、目的の項目をすぐに見つけることができます。最速でブログを立ち上げるには、これは本当に重要なポイントです。

チロ猫の経験ですが、他の有料テーマ(AFFINGER5)を買ってカスタマイズしたときに、ユーザーインターフェイスの配置があまりに分かりにくすぎて、自分が変更したい項目を探すのに膨大な時間を取られてしまい、結局あきらめざるを得なかったということがあります。時間もお金も無駄になってしまいました。

「最速」でブログを立ち上げるには、自分が変更したり微調整したい項目にすぐにたどり着くことができる、分かりやすいユーザーインターフェイスは絶対に必要です。

初期設定でつまづいてしまうと無駄な時間を浪費します。少しでも早く執筆に取り掛かれるよう、操作が簡単なテーマを選びましょう。

②ブロックエディタ完全対応

SWELLは、ブロックエディタの発表後に開発された、ブロックエディタ完全対応のテーマです。

クラシックエディタ向けのテーマを修正してブロックエディタ向けに一部対応したテーマと異なり、最初から完全にブロックエディタ向けに開発されています。

古いレガシーデータが多ければ多いほど動作が重く緩慢になりますが(Adobe製品とか・・・)、新しく作られた製品は古いデータを継承していない分動作も軽快で、最新のWordPressに最も適応しています。

③一番書きやすいから

SWELLとCocoon、装飾の比較

ブロックエディタに完全対応しているテーマは、SWELL、Cocoon、The Sonic と言われていますが、中でもSWELLはブロックエディタの使い勝手が一番よく、書きやすいです。

他のテーマでは、ブロックエディタ内であっても、ドロップボックスから「文字ベース」で装飾を選択するケースも多いです。SWELLでは完全ビジュアル対応なので、欲しい装飾を一目で選択できます。

最初からブロックエディタ向けに開発されたテーマの強みです。

④スピードも速い

CocoonからSWELLに変更後、Page Speed Insightのスコアが20点づつぐらいあがりました。スマホも90点以上、PCでは100点も達成しました(現在は、Google Adsence のタグが埋め込まれてしまったので、スピードが大分落ちてしまいましたが)。それでも、スピードが速いと言われているCocoonと比較してもなお速いです。

SWELLを使うことのデメリット

SWELLは有料、17600円(税込)

SWELLを使用することの最も大きなデメリットは、当然有料であるということです。

他のテーマと値段を比べてみるね。

  • JIN 14800円 + プラグイン2480円=17280円
  • SANGO 11000円 + 子テーマ 4980円 =15980円
  • AFFINGER 14800円~53000円(オプション次第)
  • The Sonic 1078円が毎月かかる
  • STORK19 11000円(1ブログのみ)

SWELLより安いテーマも、結局はプラグインなどの追加機能を使用しないと足りない部分があったりするので、単体ですべてを備えているSWELLは特別高いわけではないようです。

一回買い切り型で、複数のブログで使えるよ!

装飾がややシンプル

必要な機能はすべて兼ね備えているSWELLですが、JINやSANGOなどと比べるとややシンプルな印象があります。クールなサイトを作りたい方には向いていますが、キュートでカワイイサイトを作りたい方には装飾がやや物足りないかもしれません。

ただ、チロ猫ブログでは「最速」で収益ブログを立ち上げることを重視しているので、装飾よりも書きやすくて収益に結びつきやすいSWELLをおすすめしています。

クールなサイト向けだね

チロ猫ブログは全然クールじゃない・・・

(有料テーマが気になる方のために、有料テーマの選び方各有料テーマの特徴について説明した記事を別カテゴリーで書いています。⬇)


さあ、次のステップに進もう

次の記事では、Cocoonをまだインストールしていない方、有料テーマをインストールしたい方のためのに、テーマのインストール方法を説明します。

次は「ブログの作り方 6-2

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる