MENU
チロ猫
こんにちは、チロ猫です。

ネットショップと趣味のブログをいくつか運営しています。
永久無料ドメイン付き!超高速サーバーConoHa Wing! 詳細

WordPressテーマ【総合おすすめ2選】万能さで選ぶならコレ

WordPressテーマの中から、あらゆる面において「特におすすめの2選」をご紹介します。

下記の点をすべて満たしたテーマのみを選びました。

  • 「ブログ」と「商品アフィリエイト」の両方に使える。
  • 美しいデザインができる。
  • ブロックエディタの開発がかなり進んでいる。
  • 機能が豊富で、様々な表現を実現できる。

これらの条件をすべて満たしているのは、次に説明する「2テーマのみ」です。

目次

総合でおすすめのテーマ|SWELL と AFFINGER6

すべての面においてオススメできる、「これさえ持っていればあらゆる表現が可能」というテーマは、以下の2つになります。

AFFINGER6ロゴ
AFFINGER6: affinger.com

WordPressテーマの選び方、厳選6つ」の記事で挙げた人気テーマ6つについて、表形式で比較してみました。

スクロールできます
項目SWELLAFFINGER6CocoonSANGOJINTHE SONIC
ブログ/アフィリエイト両方に適したデザイン
ブログ向け

ブログ向け

ブログ向け
美しいサイトが作れる
ブロックエディタに大部分対応
機能が豊富

SWELLとAFFINGER6以外のテーマは、何かしら不足している部分があることが分かります。

すべての条件を満たしているのは、SWELLとAFFINGER6のみ。

各テーマについて、さらに詳しく解説します。

【SWELL】何でもこなせる優秀なテーマ

ブロックエディタの機能の多さと使いやすさでNo.1

毎日記事を書いていく上で、一番ありがたいのがブロックエディタの機能の多さ」と「使いやすさ」です。

この点においては、SWELLにかなうテーマは今のところありません

ブロックエディタの独自ブロックが多いだけはありません。「独自ブロック」と「共通ブロック」の両方で細かい設定が追加されています。そのおかげで、SWELLのブロックは圧倒的に使いやすいものになっています。

SWELLの「デバイス制限」と「ブロック下余白」の画面

SWELLの設定の一例

SWELLのすべてのブロックに備えられている

デバイス制限」項目と

ブロック下の余白 項目。

すべてのブロックで、スマホ/PCの表示/非表示を指定したり、ブロック間のスペースを自由に調節できる。

美しいデザインが簡単にできる

SWELLは、初心者でも簡単に美しいデザインを実現できるテーマです。あらゆるパーツが、最初から美しく整っています。

  • 外観部分(ヘッダー、フッター、サイドバー)
  • コンテンツ部分(ボックス、段落、リストなど)

デザインはどちらかというと「クールビューティ」で、可愛らしいとか華やかさといった印象はありません。

これは、あえて控えめなデザインにとどめて、読み手の邪魔しないようにしています。

SWELLは、シンプルでオールマイティなデザインを採用しています。

【AFFINGER6】トップに選ばれてきた実績のあるテーマ

もう少し可愛いデザインがいいな。
女の子らしくデザインに「柔らか味」や「丸み」を出したい。

という方は、次に紹介するAFFINGER6をおすすめします。

外観装飾でAFFINGER6にかなうテーマはない

AFFINGER6のボックスサンプル
こちらはAFFINGERのボックス画面の一例

AFFINGER6は、クールなデザイン、かわいいデザインの両方に対応できる、オールマイティーなテーマです。各ボックスのデザインを「直線」にするか「角を丸くするか」を選べるので、可愛いデザインにもビジネス的な固めのデザインにも両方対応が可能です。

外観装飾はとにかく豊富。ヘッダーやサイドバー、見出しなどにグラデーションを付けたり、パーツの形や線の色などを細かく定義できます。カテゴリーや見出し画像を埋め込んで装飾的なデザインも可能です。

AFFINGERグラデーションサンプル
AFFINGERはあらゆる部分にグラデーションをかけられる

AFFINGER6の外観装飾の豊富さにかなうテーマは、今のところありません。

大幅に向上したブロックエディタで大部分が可能に

AFFINGERの「ブロック下余白」と「追加設定」画面

AFFINGER6の設定の一例

AFFINGER6の「グループ」ブロックに備えられている

ブロック下の余白」項目と

追加設定」項目。

他のブロックを「グループ」ブロックに入れることで、PC/スマホでの表示/非表示をコントロールできる。

AFFINGER6のブロックエディタは、まだ「完全対応」ではありません。

ただ、期待以上に多くのことができるブロックエディタになっています。

  • 共通ブロック(段落、画像、カラム、リストなど)
  • 独自ブロック(ボックス、ボタン、ふきだしなど)

の両方にきちんと手が加えられているのが特徴です。

テーマによっては、「ブロックエディタ対応」であっても、良く使う「共通ブロック」に全く手が入っておらず、「独自ブロック」のみをカスタマイズしているテーマもあります。

AFFINGERは、「共通ブロック」と「独自ブロック」の両方で細かい設定が追加されているので、かなり色々なことができるようになりました。

現在も頻繁にマイナーバージョンがリリースされているので、今後の独自ブロックの拡張も期待できます。

AFFINGER6は、さらにオプションとして、「クリック計測できる目次」、「絞り込み検索」、「写真ギャラリー」、「ABテスト」なども用意されています。さらにサイトを拡張したい場合に便利。

結 論

あらゆるシーンに対応できるテーマ

汎用性のあるテーマ

が欲しい方は、SWELLAFFINGER6 を選んでおけば間違いない。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる