MENU
チロ猫
こんにちは、チロ猫です。

ネットショップと趣味のブログをいくつか運営しています。
◆ 神テーマ「SWELL」のすべて!◆ 特徴 ~ エディタ ~ 移行手順 ~ デメリット ~ 感想 ~ 比較まで!記事へ GO!

WordPressテーマ【総合おすすめ2選】万能さで選ぶならコレ

WordPressテーマの中から、あらゆる面において「特におすすめの2選」をご紹介します。

下記の点をすべて満たしたテーマのみを選びました。

  • 「ブログ」と「商品アフィリエイト」の両方に使える美しいデザイン。
  • ブロックエディタの開発がかなり進んでいる。
  • 機能が豊富で、様々な装飾や仕掛けを実現できる。

これらの条件をすべて満たしているのは、次に説明する「2テーマのみ」です。

目次

総合でおすすめのテーマ|SWELL と AFFINGER6

すべての面においてオススメできる、「これさえ持っていればあらゆる表現が可能」というテーマは、以下の2つになります。

AFFINGER6ロゴ
AFFINGER6: affinger.com

WordPressテーマの選び方、厳選5つ」の記事で挙げた人気テーマ5つについて、表形式で比較してみました!

スクロールできます
項目SWELLAFFINGER6CocoonSANGOJIN
ブログ/アフィリエイト両方に適したデザイン
ブログ向け

ブログ向け
ブロックエディタへの対応度が高く書きやすい
機能が豊富

SWELLとAFFINGER6以外のテーマは、何かしら不足している部分があることが分かります。

各項目について、さらに詳しく解説します。

①ブログ/アフィリエイトの両方に適したデザイン

選別ポイント①は、「ブログ/アフィリエイトの両方に適したデザインです。

テーマによって、「個人ブログ向き」や「商用に使えるデザイン」などの特徴があります。

個人ブログ」ですとデザインはイマイチでも「中身で勝負」ということもできますが、「アフィリエイトサイト」では商品を買ってもらう必要があるので、ある程度の「見栄えの良さ」は必要です。

これらの観点で、オススメ5選のテーマを比較してみましょう。

SWELL

デザインはシンプルですが、均整が取れた美しいビジュアルで「個人/商用」両方に通用するデザイン。テーマを適用した瞬間から、クールビューティ系のサイトができる。キチンと見せたい実直系のビジネスブログとしても◎。

AFFINGER

外観装飾の豊富さにかけてはAFFINGERの右に出るものなし。クール系のビジネスサイトから、可愛い系のベビー向けサイトまで、あらゆるビジュアルに対応可能。

Cocoon

デザインは「個人ブログ向け」。CSSを多用しない限り、商用向けのデザインにするのは難しい。

SANGO

デザインは「個人ブログ向け」。ページの構造を大胆に変えるのが難しいので、商用には向かない。

JIN

「個人/商用」対応可能。キレイかわいいサイトが簡単に作れ、特に女性向けのサイトにオススメ。ただし、どことなく「ゆるかわ」な印象なので、ビジネス系の実直さは出しにくいかも。

②ブロックエディタへの対応度が高く書きやすい

選別ポイント②は、「ブロックエディタへの対応度の高さです。

ブロックエディタへの対応度が高いと、ページ内に自由にコンテンツを配置できるので、表現の幅が広がります。

また、コード不要であらゆる装飾を実現できるので、執筆が容易になります。

各テーマのブロックエディタへの対応度は?

SWELL

ブロックエディタの充実度は群を抜いている。PCやスマホで別々に装飾を設定できるほか、左右をぶち抜いた大胆な装飾や、動く背景などの目を引く装飾も可能。また、「ABテスト」など、実務の面でも充実している。

AFFINGER

ブロックエディタ「完全対応」ではないものの、かなり多くのことができ、充実度では2番手につけている。特に、カラム、画像、グループなどの装飾は秀逸。また、「PC/スマホ/タブレット」の表示分けを指定できるほか、余白の量を設定できるなど、レベルの高い設定が可能。

Cocoon

ブロックエディタ完全対応。ただ、カラム、画像、などの装飾がないので、スマホで段組み表示ができないなど、表現がやや限られる。 「PC/スマホ」の表示分けや「余白設定」などもできない。

SANGO

ブロックエディタ完全対応。Cocoonよりもやや機能が多い(画像装飾や表装飾ができる)が、スマホで段組みできない、「PC/スマホ」を表示分けや「余白指定」ができないなどはCocoonと同様で、表現が限られる

JIN

5テーマの中でブロックエディタへの対応が一番遅れている印象。一般的な装飾は可能だが、装飾を「ビジュアル」ではなく「文字解説」で選ぶなど、使いづらい部分も。画像の枠づけなどの簡単な装飾もブロックエディタでできないなど、まだまだ発展途上。

③機能が豊富

選別ポイント③は、「機能の豊富さです。

サイトを作る上でどれくらい色々なことができるのでしょう?

外観を大胆に作り変えたり、機能的な運用ツールを使ったりできる?

SWELL

外観設定では、トップに記事を配置して回転させたり、メニューの背景を透過したり、かなり自由な装飾が可能。機能面は、「ABテスト」や、「ボタン計測機能」、「広告クリック計測機能」などの高度なツールが標準装備

AFFINGER

外観装飾は豊富でサイドバーや見出しなどにも凝った装飾が可能。絞り込み検索、目次クリック計測、フォトギャラリー、動線追跡など、大規模サイト向けの機能も有料オプションで付けられる。また、他テーマにはない凝ったアニメーションを使って、コテコテのアフィリエイトサイトなども作成可能!

Cocoon

無料でありながら使い切れないほどの高機能。外観のビジュアルも色々と設定できるものの、プロっぽくするのが難しい。見出しのデザインは設定できない(要CSS)。AMPにも対応していたが、GoogleがAMP優遇を廃止した。

SANGO

外観装飾は定型からあまりかけ離れた形にできない。SWELLなどと比べると、使い勝手や機能でやや不便に感じることもある。

JIN

初期設定は一番簡単だが、機能はやや少ないと感じる。ウィジェットの配置場所などもかなり少ない。

これらの結果から、総合的におすすめなのは…

SWELLAFFINGER です!

【SWELL】何でもこなせる秀逸なテーマ

オールマイティに何でもこなせて、誰にでもおすすめできるのがSWELLです。

美しいデザインが簡単に手に入る

まずはSWELLを導入すると、すぐにクール系のかっこいいサイトが出来上がります!

誰でも簡単にプロっぽいサイトが作れるので、サイト作成が素人の方にも大変おすすめ。

エディタのパーツも一つ一つのデザインが美しく整えられていて、記事を執筆してもビジュアルがピタッと決まる!

デザインはどちらかというと「クールビューティ」で、派手な感じはありません。

これは、あえて控えめなデザインにとどめて、読み手の意識を邪魔しないようにしているためです。

シンプルで均整の取れた美しさがあり、どのような場面でもオールマイティに活躍します。

ブロックエディタの機能の多さと使いやすさでNo.1

SWELLの強みは何といっても「ブロックエディタの充実度」!

毎日記事を書いていく上で一番ありがたいのが、エディタが使いやすいこと。

この点でSWELLにかなうテーマは今のところありません

「独自ブロック」が多いだけはありません!「独自ブロック」と「標準ブロック」の両方で細かい設定が追加されているので、圧倒的に使いやすいものになっています。

\ まずは見てみる! /

SWELLホームページ:swell-theme.com

【AFFINGER6】トップに選ばれてきた実績のあるテーマ

外観装飾でAFFINGER6にかなうテーマはない

外観装飾はとにかく豊富。ヘッダーやサイドバー、見出しなどにグラデーションを付けたり、パーツの形や線の色などを細かく定義できます。カテゴリーや見出し画像を埋め込んで装飾的なデザインも可能です。

AFFINGERグラデーションサンプル
AFFINGERはあらゆる部分にグラデーションをかけられる

AFFINGER6は、クールなデザイン、かわいいデザインの両方に対応できる、オールマイティーなテーマです。各ボックスのデザインを「直線」にするか「角を丸くするか」を選べるので、可愛いデザインにもビジネス的な固めのデザインにも両方対応が可能。

AFFINGER6のボックスサンプル
こちらはAFFINGERのボックス画面の一例

AFFINGER6の外観装飾の豊富さにかなうテーマは、今のところありません。

大幅に向上したブロックエディタで大部分が可能に

AFFINGERの「ブロック下余白」と「追加設定」画面

AFFINGER6の設定の一例

AFFINGER6の「グループ」ブロックに備えられている

ブロック下の余白」項目と

追加設定」項目。

他のブロックを「グループ」ブロックに入れることで、PC/スマホでの表示/非表示をコントロールできる。

AFFINGER6のブロックエディタは、まだ「完全対応」ではありませんが、期待以上に多くのことができるブロックエディタになっています。

AFFINGERは、「標準ブロック」と「独自ブロック」の両方で細かい設定が追加されているので、使用頻度の高いブロックで高度設定が可能です。

アップデートも頻繁にリリースされているので、今後の独自ブロックの拡張も期待できます。

\ まずは見てみる! /

AFFINGER6のページ:affinger.com

結 論

あらゆるシーンに対応できるテーマ

汎用性のあるテーマ

が欲しい方は、SWELLAFFINGER6 を選んでおけば間違いない。

\ ブロックエディタが大評判! /

SWELLホームページ:swell-theme.com

\ 稼ぐに特化したテーマ! /

AFFINGER6のページ:affinger.com

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる